【運気急降下】生霊の恐ろしさとその症状!意外に身近に潜む落とし穴

生霊とは?

生霊とは、生きている人が、特定の人に執着をもつがあまり、魂の一部を切り取って、それを執着する人に対して飛ばすことです。魂の一部を切り取っている生霊を飛ばす側の人は当然、魂の一部が欠けるわけですから、弱ってくるのですが、飛ばされたほうも、更に迷惑な苦しみを味わうことになります。

今回は生霊にクローズアップして、生霊を飛ばす人はどんな人か。生霊を飛ばされるとどんな症状が発生するのか。防ぐ方法はあるのか。などなど、マニアックすぎて誰も教えてくれないであろう豆知識を披露していきます。

ちなみに続きはこちら

【セルフ除霊】生霊をどうにかしたい人必見!自分で行う対策から、プロの生霊返しまで

 

 

生霊はどんな時に飛ぶのか?

生霊が飛ぶ条件をわかりやすく一言でいうなら

「執着すること」

なんです。執着の形は様々ですね。たとえば、その人のことを好きすぎてたまらない。これも執着。その人のことを憎すぎてたまらない。これも執着です。好きも嫌いも行き過ぎると同じ「執着」という言葉でくくることができますよね。

しかし、何かに執着すること。身近な例でいえば「人のことを好きになる」「人のことを嫌に思う」こんなことぐらい、日常茶飯事だと思います。そんなことで生霊が飛んだらたまったものじゃない。そうなりますね。

勿論、そんな簡単なことでは飛びません。これにあと2つの要素が付け加わります。

1 ひたすら執着しまくること

軽く好きとか嫌いとか思うぐらいでは飛びません。この感情を強く強くもちながら、それをずっと継続し続けることができたらです。

これはすごいエネルギーです。強く強く思い、更にそれを継続させるわけですから。どれだけ強い思いなのだろうといった感じです。しかも恋愛で振られて悲しいぐらいの感覚ではありません。下手すれば振った相手を殺したいと思うぐらいの強さが必要です。まあ生半可なものじゃないですね。

2 相手がどうなってもいいと思うこと

本当に好きだったら、自分の気持ちよりも好きな相手の幸せを願うもの。しかし人によっては、自分のことを好きになってくれなければ、むしろ不幸になってほしいと思ってしまったり、自分の願望を満たすためなら相手がどうなってもいいと思ってしまったり。たとえばストーカーなんかがこれにあたりますね。

好きという感情を自己中心的に展開することができる人じゃないと生霊を飛ばすことができません。

 

どんな人が生霊を飛ばす?

つまり、自分の感情を満たすためだったら、相手がどうなったっていい。と思うことができる人が生霊を飛ばすことができわけです。これってみんながみんな、こんな感情をもつことができるわけではありません。そういう意味では、生霊を飛ばすには「素質」が必要だといえるかも知れませんね。

たまにお客様に恋人の生霊が憑いている場合があるのですが、大概

「彼氏が私のことをそこまで思ってくれるのはうれしいから、生霊をとらないでください」

といわれます。でもこれは正しい判断ではありません。お客様が苦しんでもいい。どうなってもいいから自分の好きという感情を満たしたいというわけですので、お客様に対する本当の意味での愛情ではないわけです。

見た目優しそうな人であっても、実際はどういう人が分からないものです。いい人の仮面をかぶった「生霊飛ばし人」がいるのも悲しいですが現実です。

 

 

生霊を飛ばした人はどうなるのか?

飛ばした対象のことをずっと考えてしまいます。心ここにあらず。という言葉がぴったり合います。仕事や学校など、やるべきことが手につきません。

魂を切り取って飛ばすわけですから、いろんな意味で弱ってしまいます。単純に体力が低下するのが王道なんですが、思考力が下がる、集中力が下がるなど能力が低下するという仕事や学校に支障が出る現象も多いです。それに加え上記の通り「心ここにあらず」という状態になったら致命的です。

つまり生霊を飛ばして自分の欲求を満たそうとしても代償が大きすぎるということなんですよね。

 

 

生霊憑きの症状

 生霊に憑かれた時の症状は他のものと比べ、症状が重い傾向にあります。

代表的な症状が「不眠」です。関連して

1 数時間おきに目が覚めてしまう

2 早く目が覚めてしまう

3 仮によく寝たとしても、起きたときに寝た気がしないほど睡眠効果がない

4 前の日の疲れが取れなくて、起きたばかりなのに疲労感が強くある。

上記のような不眠の傾向が起きるのは、私見ですが、生霊が憑くという違和感や拒否反応から、無意識に心と体が生霊に身構えてしまって、その緊張状態が続くからと考えています。それを裏付けるように、不眠の症状と併せて以下の症状も多く出ます。

1 へとへとに疲れてしまって、何をするにも粘り強く取り組むことができない

2 体を動かすことが億劫になり、引きこもりがちになる

3 何もしたくなくなる。そのため掃除などの家事ができなくなる

これだけでも大変な症状ですが、元々生霊が飛ばさされる理由が「執着」で、「自己中心的な欲求を満たすこと」にあります。だからこそ、その「自己中心的な欲求」を満たす方向に修正されます。たとえば、恋愛絡みだったら、恋人ができないように。もしくはできたとしてもすぐに破局するように仕向けられます。仕事関係で嫉妬されたら、仕事でミスしたり、昇進できないような流れにしたりします。特に経営をしている方に至っては、売り上げが理由なく激減します。

生霊を飛ばす人の個人的な歪んだ感情を満たすシナリオに、理不尽な形で仕向けられます。迷惑極まりない流れです。

 

 

 

生霊豆知識

執着されることによって生霊が飛んでくるので、特に芸能人なんかは大変なんじゃないかと思う人も多いはず。私もそう思いました。事実、私が芸能人を鑑定した際、生霊がそのお客様の自宅に10人ぐらいいました。芸能人は大変だなと思ったものです。じゃあトップアイドルなんかは生きていけないんじゃないかと思ったのですが、答えは逆。生霊が憑いていませんでした。

なぜかと思ったのですが、霊能仲間がそれについて答えてくれました。

「生霊同士でつぶし合うから生霊はいない」

なるほどと思ったものです。生霊の影響を受けないようにするためには、逆に有名になってファンを増やすこと。今生き残っている芸能人はそういう試練を潜り抜けてきているんでしょうね。

 

まとめ

生霊に憑かれた際の霊障というのは、上記で挙げた通り、かなりエグイものです。ですが、ほとんどの人は霊障を疑いません。体調が悪くなっただけと思ったり、寝れなくなったら睡眠導入剤をもらうという対処をしたりと、現実な方法で対処しようとします。

確かにあらゆる症状をすべて霊のせいだときめてかかるのは危険ですが、きちんと症状を理解して、医学とスピリチュアルの両面から現象を眺めていくのが適切だと考えます。

生霊憑きにはなぜかシーズンがあり、7月や8月の夏の季節に多い傾向にあります。そしてびっくりすることに、ある年なんか、7・8月の2か月で200体以上の生霊を対処したことがありました。単純に1日3体以上毎日生霊を祓っているという計算です。それほど、生霊憑きに見舞われている方が多いということです。

それだけ人に執着して、歪んだ感情を持った方が増えているということでしょう。精神のゆがみだけでなく、コミュニケーション能力が落ちてきているとも言えるかもしれません。

生霊に憑かれた場合は、我々のような専門家に任せるのが一番早いです。宮崎のお客様だけでなく、県外のお客様も遠隔鑑定にて承っていますので、気軽にお問い合わせください。

お祓いの遠隔鑑定・お祓いつきましてはこちら

お問い合わせはこちら

また、自分で対処していくための方法も公開しています↓こちらまで

【セルフ除霊】生霊をどうにかしたい人必見!自分で行う対策から、プロの生霊返しまで

 

あなたにおすすめサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

仁科 勘次
仁科 勘次
蒼色庭園代表。中学校2年の頃からタロット占いを始め、高校時代にはのべ2000人を占う。のべ人数600人を越えた辺りからカードから声が聞こえるようになり、カード1枚1枚を人格と捉え、その交わりの中で占いを展開していく手法を確立。

その後、天使喚起に成功。その時に啓示が降り、その言葉に従い霊能者としての修業を開始。以後、過去世の記憶を取り戻すなどの変化や高級霊との交信や退魔の荒行を経て覚醒。

現在では、悩みに悩み苦しんでいる方を鑑定して、少しでも楽になっていただくことや、霊的な障害で苦しんでいる方をサポートしつつ、タロット占いをもっと世の中に広めていくためにタロットスクールを展開している。

>>予約や詳細はこちら

【運気急降下】生霊の恐ろしさとその症状!意外に身近に潜む落とし穴」への2件のフィードバック

    • 本サロンのホームページは大阪からの閲覧が一番多く、大阪のお客様のために出張を企画しなくてはいけないと思っています。
      ですが、体制が整っていません。氏原さんのように大阪のお客様からの声が増えてくれば実現するのも早くなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です