魂悪魔の危険性~激やばな攻撃の仕組みに迫る~

前回は魂悪魔の悪そのもののような性格をご紹介しました。魂悪魔は性格が悪いだけではありません。魂悪魔ならではの憎悪が加速していくという部分があります。

魂悪魔の恐ろしいポイントは、思うだけで人を傷つけるけることができる点です。

この記事では、その攻撃の仕組みについて詳しく解説していきます。

前回の記事はこちら  魂悪魔の非情な性格とは~周りにこういう人いませんか?~

術をかけることができる

通常は特別な訓練を積まないと無理

これはつまり呪詛をかけるということです。通常、どんなに憎い人がいたとしてもどうやって術をかければよいか分からないし、やり方が分かったところで呪詛自体かかっているかどうか自分自身では分からないですよね。

そのため、呪詛をかけるには、通常、特別な訓練を積まないと無理です。

特別な訓練をしないと術をかけることはできません。そのためには理論と実践両方の訓練が必要です。これはすごく大変なことであり、実際に呪いが届くまでの技術を習得するには、かなり熟練する必要があります。

例えば、「丑の刻参り」などありますが、ただ真夜中に藁人形を作って、釘を打てば術がかかるというわけではありません。下手をすると、自分自身に術がかかってしまうこともあります。そのため、制御するのがとても困難です。

私自身絶対に人を呪うなどということはしませんが、呪いというのは何かが憎くて呪いますが、呪いをかけるためには冷静に淡々とやらなければいけません。怒りに任せて我を忘れると、手元が狂ってしまってコントロールがつかなくなるからです。

これはスポーツに例えれば、怒りに任せてバットを振ったり、力任せにボールを投げるようなものなのです。そんなことしたら、バットにボールは当たりませんし、ボールのコントロールは乱れます。

術をかける時も同じです。憎しみに任せて術をかけようとすると、術がかかりづらくなります。だからこそ、術をかけること自体とてもハードルが高いものです。

しかし、魂悪魔はそうではありません。

魂が悪魔だから無意識に術を飛ばせる

通常、魂人間の方の場合、特別な訓練を積まなければ、術を飛ばすことは難しいです。ですが、魂が悪魔だと悪魔だという素質のみで、相手に対して苛立ちを覚えると、その人を呪う術が自動で作られて飛んでしまいます。

このような仕組みがあるので、魂悪魔は本当に厄介です。

魂悪魔本人は術を飛ばしている自覚はない

当然、魂悪魔本人はただその人に対してただ腹が立っただけなので、人を呪うという発想はありません。中にはスピリチュアルが嫌いな魂悪魔もいます。

そのため、この場合、魂悪魔自身は特別な訓練を積んでいるわけでも、人を呪いたいと思っているわけではありません。にも拘わらず相手に術が飛んで、術を飛ばされた人は被害を受けます。

そのため、魂悪魔本人は術を飛ばそうと意識をしておらず、術を飛ばしている自覚もありません。

ここが魂悪魔のとても厄介なポイントです。

気になったら今すぐ

 

生霊を飛ばすことができる

生霊を飛ばす要件がそろっている

魂悪魔は大体の場合、生霊を飛ばします。生霊は執着を持つことで飛ぶのですが、誰でも執着を持てば必ず生霊を飛ばすことができるのかというとそうではありません。

飛ばすことのできる素質が必要です。この素質がある人はごく一部で、ほとんどの人は生霊を飛ばすことはできません。そうでないと、例えば、人を好きになるだけで、生霊が飛ぶということになってしまいます。そのように誰でも簡単に生霊を飛ばすようなこととなってしまっては世の中が成り立たなくなってしまいます。

魂悪魔は、その素質がある人で生霊を飛ばすことができる人たちです。

生霊を飛ばすことのできる条件がそろっているからこそ生霊を飛ばすことができます。この生霊を飛ばす要件に関しては後述します。

生霊を飛ばすコツを自然と知っている。

魂悪魔の人は、術が思っただけで飛ぶのと同じように生霊に関しても効率よく飛ばすことができます。

これが魂悪魔の本当に厄介で恐ろしいところです。

気になったら今すぐ

 

生霊を飛ばす要件がそろっている

人が傷ついても何とも思わない

通常、人を傷つけても何とも思わない人というのはほとんどいません。

例えば、Aさんのことが本当に腹が立つと思ったとします。Aさんを憎いと思った瞬間に、Aさんがけがをしてしまったら、自分がAさんのことをそのように思ったことが理由で、Aさんがけがをしてしまったと思うと、すごく嫌な気持ちになりませんか。

Aさんが憎いと思って、「本当にいなくなってほしい」と思ったとしても、いざAさんがいなくなったら困るものです。そんなつもりではなかったと後悔するのが普通だと思います。

ですが、魂悪魔の人は違います。

このようなことが起こったら、「ラッキー」と思い喜びます。

執着が強い

執着が強いと執着の強さで生霊が飛びます。普通は、そこまで執着しないのです。その瞬間腹が立っても、しばらくすると別のことに頭が行き、その苛立ちというのは徐々に減っていくものです。

ですが、魂悪魔の人は違います。異常なほどにずっと苛立ちを覚えたことを思い続けます。

気になったら今すぐ

 

生霊を飛ばすコツを自然と知っている。

生霊を飛ばすとすっきりする

生霊を飛ばすとその執着がある程度晴らされスッキリした気持ちになります。魂悪魔の人はその時の感覚を何となく知っています。

生霊対策をすると勝手が悪い

魂悪魔の人にとって生霊の対策をされると、とても勝手が悪くなります生霊を飛ばしたときに感じる手ごたえがなくなるからです。

そのため、魂悪魔の人は生霊の対策をされたときに、その対策をされたことに何となく気がつきます。その辺りの感覚がとても鋭いので、無意識に生霊を対策した相手の対策を邪魔しようとしたり、さらに相手に生霊を飛ばそうとしたりします。

私は生霊の対策としてよく生霊縛りをします。それは、生霊を本体に返して次に生霊を飛ばさないようにかなりきつく縛るものです。生霊縛りをされた魂悪魔の人は執念深いので、何となく感じる生霊を飛ばせない勝手の悪さから抜け出そうとして、憎いと思っている相手のことを思い続けます。

それにより、魂悪魔の人は縛りから抜け出し、もう一度生霊を飛ばすことがあります。このようなことを魂悪魔の人はする傾向にありますので、魂悪魔の人の生霊縛りはよりきつく縛る必要があります。

そのため、魂悪魔の生霊対策は、生霊を縛るほかにも縁切りを行うなど、徹底的に対策をする必要があります。

気になったら今すぐ

 

自分に歯向かうと痛い目にあうことを知っている

これまでの経験から自分が念じた人の末路を知っている

魂悪魔の人は、自分が術を飛ばすことができる自覚はないのですが、これまでの経験から自分がいら立った相手が、病気になったり、怪我したりする、場合によっては亡くなるという事例を経験していることで、自分が相手のことを憎いと思うことで、相手が被害を受けるということを何となく自覚します。

それによって、魂悪魔の人は自分がデスノートを持ったような感覚になり、普通の人では絶対にできないような好き勝手な大胆な行動をするようになります。そのため、魂悪魔の人はそのような行動によって、もし人から信用を失ったり、不都合が生じたりしたとしても、その人のことを死んでほしいと願えばいいと考えます。

このように、自分が思うだけで人を傷つけることができるということを経験から知っているので、大胆な行動がとれるのです。                                                                                                                                                                                                                 

自分に歯向かうと大変なことになると平然と言い放つ

魂悪魔の人は「自分に歯向かうと大変なことになる」と思うだけではなく、人にそのようなことを平然と言い放つこともあります。このようなことは、普通言いません。

しかし、魂悪魔の人は平然と言い放ちます。そして、実際に魂悪魔の人に歯向かった人が痛い目に合うのを見て、周りの人は恐怖します。その周りの姿を見て、魂悪魔の人は笑みをこぼします。

この言葉が出たら魂悪魔確定ですので、魂悪魔の人がこのような傾向にあることを覚えておいてください。

気になったら今すぐ

 

まとめ

魂悪魔はただ性格が悪いだけではありません。

人のことを憎い、死んでほしいとと思うだけで、思われた相手は病気になるなどの被害にあい、場合によっては亡くなることもあります。

魂悪魔の人は性格が悪い上に、このような危険な武器を持っているようなものです。だから、とても厄介で、被害が多岐に渡って出てくることになります。

蒼色庭園では、今の症状が霊障かどうかを判断し、霊障の場合は対処することができます。

霊体のメンテナンス

また蒼色庭園では、土地の霊視鑑定・お祓いも行ってます。

土地の鑑定

サロンに来れない御客様も、写真から遠隔で霊視鑑定・お祓いできます。

電話・メール鑑定

蒼色庭園では、今の症状が霊障かどうかを判断し、霊障の場合は対処することができます。

気になったら今すぐ

 

 

(Visited 1,006 times, 3 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です