パソコンやスマホもお祓いが必要?! ネットに潜む霊的事情

 生活の必需品になってきたパソコンやスマホ

もはや生活の必需品となってきたスマホですが、その発達した背景には手軽にネットを楽しめることにありますね。

知りたい情報を検索をするなどをして知る。というだけでなく、LINEやFacebook、TwitterなどのSNSを駆使することにより、コミュニケーションツールとして、その利用価値は益々高まっています。

しかし、パソコンが普及してきて20年もたっていませんし、スマホに関してはここ数年のことです。

本当に劇的な発展です。

このパソコンやスマホといった、文明の利器の代表として名高いものと霊的なものは非常にかかわりが実はあるんです。

これらの劇的な発展とともに、霊的事情も劇的に変わっていった。今回はそういう話をさせていただきます。

 

ネットワーク回線は霊的な道、サーバーは霊的な倉庫

電話回線やインターネットの回線は、霊的なエネルギーを非常に通しやすいです。霊的なエネルギーというのは、いわゆる「氣」と呼ばれる生体エネルギーだったり、術などの霊的プログラムなどです。これらのエネルギーは気功などのヒーリングで使われるエネルギーですので、遠隔ヒーリングをするために、ネットワーク回線を使うのは非常に理に適っています。つまり、ヒーリングする相手とSkypeやネット上でチャットをしながら。もしくはメールをもらったら、そのメールが辿った道筋をイメージすることで、そのネットワーク回線を使うことができますね。つまり、やりとりをネットでやれば、その道をたどってエネルギーを送ることができるということです。

それと同じ原理で、私は、パワーストーンブレスレットの写真をもらえれば、その写真とその写真が送られたメールのネットワーク回線から、遠隔でブレスレットにプログラムを入れることができます。これは仕組みを分かっていれば比較的容易にできることです。

このように、この仕組みを生かして、実際に合わなくても霊的な様々なことができるわけですが、霊的なものを通しやすいということは、霊そのものも通りやすいということを指します。そのため、友達とメールのやりとり、LINEのやりとりをしているときに、文章と一緒に霊が送られることもあります。つまり、沢山の霊に憑かれている方とメールのやりとりをするともらっちゃうということです。

実際私も、ある霊が多い県のそれまた霊が多い場所から友達が私に電話をかけてきて

「仁科君。今私、霊的にかなりやばいので今すぐ祓って!」

と言ってきたんですよね。電話回線を通じて、かなりやばい霊がわんさか私のいる場所まで流れてきて、大変な目にあったことものです。友達本人を祓うことよりも、私のいる場所の対処で大変だったという顛末です。

電話やメールだったら、相手を選べばいいのでまだ対処できますが、普通にネットを見ている時にも霊はやってきます。

インターネットの仕組みを簡単に説明しますと、皆さんが日頃見ているホームページは、そのプログラムがサーバーに保存されています。そのサーバーにアクセスしてホームページを閲覧するんですよね。つまり、ホームページのプログラムが保存されているサーバーとつながるわけです。ネットワーク回線は霊的なものを通しやすいという特性から考えると、当然、ホームページを見た時点で、ネットワーク回線を通じて、サーバーに霊的なものを送り込んでしまうこともあれば、逆に霊的なものをもらうこともあるんですよね。

つまり、サーバーはホームページのプログラムだけでなく、霊的なものが保管されてしまう倉庫みたいなものなんです。

ホームページをみただけで霊をもらってしまった。というのはよく聞く話です。

 

機械は霊的な影響を受けやすい

霊が多い家は家電製品がすぐ壊れます。電器屋さんが首をかしげる壊れ方をしてしまうものです。

特に、機械の部品よりも、機械を制御するプログラムが狂うというケースが多いため、パソコンやスマホは影響を受けやすいです。

霊的によくない友達とスマホやパソコン上でやり取りをする。霊が多いサイトを閲覧することの悪影響は、霊をもらい、憑依されるということよりも、スマホやパソコンが壊れるという形で出ることが多いです。

あり得ない壊れ方やおかしい現象が起こったら、霊的なことを疑ってみてもいいかもしれませんね。

 

対処法

自分でやる対処法

単純に、霊的なものが憑いているかもしれない人とメールなどのやりをしない。もしくは控えることです

霊的なものが憑いているかもしれない人のチェックリストがありますのでこちらも参考にしてください。

【除霊・お祓い大丈夫?】霊障チェックリストをできる限り挙げてみた

また、そういう人が集まりそうなサイトにはいかないことですね。たとえば呪いを題材にしているサイト。恨みつらみを書き込むサイト。自殺志願者が集まるサイト。などは注意が必要です。

 

私がやる対処法

パソコンのプログラムとお祓い・結界などの術プログラムはうまく絡めることができます。具体的には、ウイルス対策ソフトやファイヤーウォールのプログラムに結界プログラムを混ぜることです。よくないものを防ぐという性質が結界の意味合いと一致していることが、結界プログラムとの相性を高める一因になっています。

パソコンやスマホにいる霊を祓い、呪いなどを解除した後に、侵入を阻止するための結界プログラムを入れる。

予防を含めた処置を行うことができます。

スマホやパソコン。なくてはならないツールになったからこそ、ウイルス対策ソフトだけでなく、霊対策結界をお勧めしています。

 

あなたにおすすめサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

仁科 勘次
仁科 勘次
蒼色庭園代表。中学校2年の頃からタロット占いを始め、高校時代にはのべ2000人を占う。のべ人数600人を越えた辺りからカードから声が聞こえるようになり、カード1枚1枚を人格と捉え、その交わりの中で占いを展開していく手法を確立。

その後、天使喚起に成功。その時に啓示が降り、その言葉に従い霊能者としての修業を開始。以後、過去世の記憶を取り戻すなどの変化や高級霊との交信や退魔の荒行を経て覚醒。

現在では、悩みに悩み苦しんでいる方を鑑定して、少しでも楽になっていただくことや、霊的な障害で苦しんでいる方をサポートしつつ、タロット占いをもっと世の中に広めていくためにタロットスクールを展開している。

>>予約や詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です