【衝撃の事実】自殺は罪?!成仏できなくなる悲惨な現実

自殺者が増える悲惨な現実

昨今自殺者が後を絶ちません。その背景には学校でのいじめだったり、借金問題だったり様々でしょう。

また、具体的なつらいことがなくても、生きることに意味を見出すことができなくなることもあり、単純ではありません。蒼色庭園にも、自殺願望の方が結構来られますが、単純に、

「命は重たいものだ」

「死んだら悲しむ人がいるからやめなさい」

などど単純に諭したところで、その辺の自問自答は腐るほどしているわけで、何にも意味はありません。それはおろか、生きる価値がない自分が死んでまも人に迷惑をかける。生きても死んでも迷惑をかける自分の存在は忌まわしいものだ。という結論になることもあるので生半可ではありません。

相談に来られる方は、まだ心のどこかで生きる意志があるので、何とか気持ちを立て直すことができますが、本当に死ぬ意志を固めた方は、誰にも相談しません。死にたいと思っている自分を他人にアピールする必要なんて微塵もなく、むしろ人に言うと止められる可能性があるため、こっそりと計画を進めます。また、この現実世界を生きていくことに意味を見いだせないと思っている方は、生きることが無意味でしょうがない。つまらなくてしょうがないわけです。

そんな方々は自殺へのカウントダウンがもうスタートしています。

「生きていること自体が不自然なことなんだ」

といわれれば、誰しもがそう感じることでしょう。ただ、悲しい話、死ぬことに意味が発生するのは、死ぬことで全てが終わる場合のみ。実はその期待を大きく裏切る現実が立ちはだかっているのです。

 

自殺は罪

実は自殺は罪なんです。

当然、霊的な世界のきまりなんですが。まず、間違いなく成仏はできません。死んだ後も、自殺前の苦しみを引き継いでいきます。

たとえば、いじめで自殺した場合は、いじめた人に出会わなくてすむから、苦しみから解放されるのでは? と思う方も多いと思いますが、問題はそんなに単純ではなく、夢にうなされたかのように幻覚を見て、そのいじめが無限にループするんですよね。何年たってもその自殺霊は時が止まり、苦しみ続けるんです。その苦しみに耐えられなくて、生きている人にすがるんです。少しでも霊的な力が強そうだったり、助けてくれそうな優しかったりする人に。これがいわゆる憑依現象なんですよね。

本人は苦しいからすがっているだけなんです。悪意はないんです。でも生きている人間からすると害以外のなにものでもない。

永遠に苦しみながら、人に迷惑をかけながら、時には霊能者から祓われ、痛い思いをすることもあるし、かなり悲惨なものです。自殺する方は、そんな苦しみを味わう覚悟があるのでしょうか? 酷な言い方かもしれませんが、その後の過酷な運命を嫌というほど見てしまうと、そういってしまいます。

 

私の経験談

実は私も自殺したいと思ったことは何度もありました。中学生の頃ひどいいじめにあっていましたから。でも自殺したら悲惨な目にあうということを知っていました。その当時、霊視ができるわけではありませんでしたが、情報としてはかなり有名なものだったので、雑誌かなんかを見て知っていた。だから、自殺を思いとどまったということがありました。生きる決意をしたときに、どうせ生きるんだったら、死に物狂いで生きてみよう。それでもダメなら死ねばいい。と思って頑張っていったら結構楽しくなったものです。

たった1つの情報で人生が変わったんですよね。不思議なことで。だからこそ、この記事が誰かの役に立てばと思い書かせていただきました。

 

世の中は理不尽なものだけど

魂の寿命は数十万年。その中のたった1つの100年あまりの人生で全てを台無しにするのはもったいない。

本当に苦しくて死ぬしかないほど追いつめられているのは分かります。でも、それでも「生きて!」といいたいです。生きていさえすれば、何かが変わる。何か前に進むことができる。地べたを這いずりまわることになったとしても、それでも這っていきながらでも前に進むことhができるはずです。

世の中は理不尽です。正直者が馬鹿を見る世の中です。正義は必ず負けます。人を信じれば裏切られて、陰で必ず嘲笑される。そういうものです。

それでも生きてください。生きることにしがみついたその先に、一筋の光が見えるはずです。

 

あなたにおすすめサービス

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

仁科 勘次
仁科 勘次
蒼色庭園代表。中学校2年の頃からタロット占いを始め、高校時代にはのべ2000人を占う。のべ人数600人を越えた辺りからカードから声が聞こえるようになり、カード1枚1枚を人格と捉え、その交わりの中で占いを展開していく手法を確立。

その後、天使喚起に成功。その時に啓示が降り、その言葉に従い霊能者としての修業を開始。以後、過去世の記憶を取り戻すなどの変化や高級霊との交信や退魔の荒行を経て覚醒。

現在では、悩みに悩み苦しんでいる方を鑑定して、少しでも楽になっていただくことや、霊的な障害で苦しんでいる方をサポートしつつ、タロット占いをもっと世の中に広めていくためにタロットスクールを展開している。

>>予約や詳細はこちら

【衝撃の事実】自殺は罪?!成仏できなくなる悲惨な現実」への6件のフィードバック

  1. 生きづらさやネガティブな検索をしていたら
    こちらに辿り着きました。

    『自殺しても魂は生き続ける』

    最近これを知りました。
    私は今社会的にも精神的にも引きこもりです。
    周りに金銭的にも精神的にも負担をかけて甘えている状態です。

    生きているだけでいい。
    親も彼もそう言ってくれます。
    でも、親も死んで友達もおらず、周りに誰も
    いなくなった時に歳をとって生活できず、寂しさから
    死ぬのと今死ぬのは何が違うんでしょう?
    自殺ではない孤独死や老衰、餓死した場合
    成仏できますか?

    それが疑問です。
    小さい頃から精神的に弱く、人に合わせて生きてきて
    気を遣い、人と関わるのに疲れました。
    自己中だな、甘えだなとわかっているんですが、
    このまま生きていても犯罪を犯してしまいそうな自分が怖いです。
    みんな何が楽しくて、何が幸せで生きているんでしょう?

    • お返事遅くなってしまい申し訳ありません。
      まず、今死ぬのと、歳を取って寂しい状態で死ぬのとはどう違うのか。
      ということですが、それは生き抜くのか途中でリタイアするのかという部分がおおいに違います。
      生まれてきた以上、生きることが「仕事」になります。

      そしてその仕事の難易度はみなそれぞれ違います。
      難易度の高い人生なのか、難易度の低い人生なのか。
      そういう視点で見ていくと、人生は平等ではないと言えるかもしれません。
      ただし、難易度が高いからといって、不幸だとか、運が悪いわけではありませんが……

      ちなみに、自殺ではなくても、孤独死や老衰、餓死で亡くなった場合。
      自分の生き方に納得できていれば、つまり自分は幸せだったと思っていれば成仏するでしょう。
      しかし自分の人生は最悪だった。生まれてこなければよかった。などと思ったり、強烈な孤独感からなくなっていれば
      成仏できません。俗に言う浮遊霊や地縛霊がこれにあたります。

      つまり、今自分がなぜ生きているのか。なぜ存在するのか。という問いに対して自分なりの回答を得たり
      今の苦を乗り越えて、生きる意義を見出すことが成仏するためにはどうしても必要です。

      そもそも、死んでも自分は存在し続ける。
      そうなると、今のつらさは死んでからの方が厳しくなります。
      なぜなら、自殺をしてしまったら、現世に残っている霊は、同じように未練を残した霊ばかり
      だれも他人に気を留めません。生きている人は、自分の存在をとらえてくれないし、優しい人はこの世に残らず成仏します。
      本当の意味での孤独になります。

      今死ぬことが楽なように見えて、それは更なる地獄の始まりになるということをまずご理解いただきたいです。

      ただ、生きていたら、今のお考えが変わる出来事に遭遇するかもしれない。
      今の闇から脱出できるかもしれない。
      その可能性は十分残っています。

      自殺をしたら成仏できない

      この事実で絶望するばかりでなく、今の状態から這い上がるための素材になっていただければと思っています。

  2. 自殺したら成仏出来ない…それは今の私にとっては苦しく辛い言葉です。
    私の大切な恋人は自殺しました。

    止められるから、誰にも言えず一人で考えて考えて逝きました。

    真面目で頑固でそして、すごく優しい彼でした。

    想いの悩みの深さはその人にしかわからないものです。
    勿論、自殺することが良いことだとは思っていません。
    そのことについては、あの世に行った時に膝詰めて説教って言ってありますからw

    優しすぎて、亡くなってからも周りの人を心配する人でした。
    彼は私と腐れ縁の友達の夢枕に立ちました。
    友達の知人に視える人がいて、会ったことがない彼の性格を当て、そして、
    「彼は自分がした事には後悔はしていないんだけど、周りが辛く悲しんでるのを見て、普通は初七日で1度上がるのに上がれないでいる。
    自殺という死に方をしたから、悪いものが集まってきてるし、彼と同時期に亡くなった人で悪いものになったのがいて足元から引っ張られてる。
    でも、彼は意思の強い人だから、上がろうと思えばそんなの振り切って上がれるから、貴女と彼女で言ってあげて」
    と言われ、弔問に言った時に彼と話をしてきました。
    そして、この時に「彼女さんのとこにも行ってるはずだよ」と言われたそうで事実、私のとこにも来て、私の不安だった事への答えと愛していたという気持ちを伝えていってくれました。

    明日、いや、今日ですね。
    彼の49日です。
    彼はきっと上がっていき、上から見守っていてくれてると信じています。
    そして、優しい彼は私が幸せになることを願ってくれています。
    私は生きて幸せになり、来世、また彼と巡り逢いたいと思っています。
    その時、彼はもう少し楽な生き方をして、私と幸せになってくれるでしょう。

    相談をしようとも思ったんですが、この記事を見て、出来なくなってしまいました。
    ごめんなさい。

    • コメントありがとうございます。
      この記事は、自殺された方ご本人や、ご遺族、大切な方からすると希望を踏みにじるものになってしまいます。
      ですが、この事実を知り、自殺を思いとどまった方もいらっしゃるという事実もあるため、思い切って公開させていただいています。

      申し訳ありませんが、自殺した方が大変な思いをすることは事実としてあります。
      自殺する前の辛い気持ちは、自殺してからも綿々と続いていくし、消えることはありません。
      自殺が罪という以前に、自殺によって解消されるものは何もありません。

      「彼は自分がした事には後悔はしていないんだけど、周りが辛く悲しんでるのを見て、普通は初七日で1度上がるのに上がれないでいる。
      自殺という死に方をしたから、悪いものが集まってきてるし、彼と同時期に亡くなった人で悪いものになったのがいて足元から引っ張られてる。
      でも、彼は意思の強い人だから、上がろうと思えばそんなの振り切って上がれるから、貴女と彼女で言ってあげて」

      こちらは私も同意見です。
      ですが、意志が強くても自力で上がるのは難しいです。
      悪いものが集まる。足元から引っ張られるという状態は、いわば監禁されている状態と同じです。
      つまり、警備が厳重な牢屋に閉じ込められているのと同じで、脱走するのは困難を極めます。

      成仏させるのなら、自殺された方を成仏させるスキルをもっている方にお願いするほかありません。
      蒼色庭園でも可能ですが、うち以外でも全国的にもあると思いますので探して依頼されるのも1つの方法かもしれません。

      彼氏さんについて、幸せを願うなら、「きっとあがっていき、上から見守ってくれる」と願うのも1つの考え方かもしれませんが、
      そうではないかもしれないことを想定して、行動するのも1つの考え方だと思います。

      きびしい言い方をして申し訳ありませんでした。

      ネタばらしをしますと、私も自殺願望があり、自殺したいと常日頃考えていたんです。
      ですが、この「自殺したら成仏できない。更に辛くなる」という情報をもっていましたから
      必死で生きて今があります。
      この情報がなければ間違いなく死んでいました。

      「知る」ことにより、救われる命があるのだと私は思っています。

      大切な方が自殺されてから読まれると大変おつらいと思います。
      Mさんの言葉を拝見して身を切る思いをしたのも事実です。
      希望をもっていただくためのサロンなのに、逆に絶望にたたき落とすのは本末転倒ではないかとも思います。
      でも事実は変わらない。残酷なほどに。

      この文章を読まれて、更に不快な思いをさせてしまったかもしれません。
      ですが、このような意図があることをどうか理解していただけたらと思います。

  3. 成功した人間にはなにもわかりませんよ。
    死んだこともない人間に死んだ後のことなんかなにがわかるの?
    苦しんでる人にもっと苦しめって言っているようにしか感じない。

    • おっしゃっていることはごもっともです。
      しかし、自殺してしまったら、その苦しみ以上の苦しみを味わうことがあるというのも事実です。
      むしろ、自殺した後、楽になれるのなら自殺をお勧めいたします。ですがそうではないのでお勧めできないということなんです。

      私は、自殺し後、苦しみから解放されず、むしろその苦しみを永遠に背負い、その上成仏できずにいる霊を数多く見てきました。
      今以上の苦しみを永遠に味わうことだけはどうか避けていただきたい。
      そういう思いで書かせていただいています。

      自殺することによってその苦しみが100年以上続いてもよいのか。
      我慢できないほど苦しいからこそよく考えなくてはならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です