【セルフ除霊】生霊をどうにかしたい人必見!自分で行う対策から、プロの生霊返しまで

生霊とは?

生霊とは、生きている人が、特定の人に執着をもつがあまり、魂の一部を切り取って、それを執着する人に対して飛ばすことです。魂の一部を切り取っている生霊を飛ばす側の人は当然、魂の一部が欠けるわけですから、弱ってくるのですが、飛ばされたほうも、更に迷惑な苦しみを味わうことになります。

生霊は、特定の人を好きで好きでたまらない。という感情だったり、

憎くて憎くてたまらない。という感情だったりするなど、いわば「執着」をすることで飛ばされます。

この「執着」というのが厄介で、普通に人間関係でトラブるんだったら、反省の余地があるということで、納得する部分もあるんでしょうけど、一方的に逆恨みされたり、ストーカーのように常軌を逸した好かれ方をされたり、はたまた面識がないのに一方的に思われたりするなど、自分ではどうしようもないケースも多々あります。

生霊に憑かれて自業自得。これまで悪いことをしてきたからね。そんなケースは結構少ないです。

生霊は生きている人が、生きている人に飛ばすものだからたちが悪いです。なぜなら、成仏していない霊だったら、成仏させればいい。妖怪の類のものだったら退治すればいい。対処したら元の状態に戻ることはありません。しかし、生霊の場合は生きている人間が発祥なので、もし、生霊を消しても、発信元が新たに生霊を生成して飛ばしてくる。そんなイタチごっこになりかねません。

そのため、専門家が生霊を祓うことは、意味がない。

そう言う方もいます。まあプロのお祓い師の私からすると、その問題をクリアする手立てがあるんですが、それは後述するとして。

今回は、生霊の被害に遭遇した時に、少しでも被害を減らすために、自分でできる対策を公開します。

生霊について詳しく知りたい方は↓こちらの記事をどうぞ

【運気急降下】生霊の恐ろしさとその症状!意外に身近に潜む落とし穴

 

人間関係の改善が生霊対策で効果的ではあるが……

つまり、生霊が飛ぶポイントは、極端に好かれたり、嫌われたりすることなので、人間関係の歪みから起こるものとも言えるかもしれません。

だとしたら、生霊を飛ばす人に対してしっかりと向き合い、人間関係のわだかまりをとっていくこと。生霊を飛ぶほどの感情をなだめることは根本的な問題解決に見えます。確かに、何かの誤解や人間関係の未成熟な部分から派生することもあるでしょう。しかし、生霊を飛ばすことができる人は、強く執念深く想いつづけることができる人です。話し合いで折り合うことが難しいものです。

たとえば、あなたが高校生だとして、あなたの成績がピカイチによかったとしましょう。そのピカイチの成績を全く鼻にかけずにいたとしても、あなたを妬む人はいるかもしれません。自分よりも成績がよいことがどうしても許せないと。この人と話し合いで解決するでしょうか?

たとえばあなたにとっても大好きな彼氏がいるとして、そのほかに、あなたのことが好きで好きでたまらない男性が現れた。その男性はあなたに「彼氏と別れて俺と付き合え」というとしましょう。あなたはこの男性を説得することができると思います? それとも大好きな彼氏と別れてその男性と付き合いますか?

話合いで解決するのが一番平和的です。でも現実そうではない。そもそも話合いで解決できるような相手だったら、初めから生霊なんて飛ばさない。悲しいですが、これが現実です。

 

 生霊憑きの仕組み

生霊は単純に言うと、執着する人が、その対象に霊的につながって、そのつながった道を通って生霊が飛びます。

そのため、加害者が、被害者のことを思っているとき、被害者も加害者のことが頭に浮かびます。

つまり、被害者は強制的に加害者のことが頭に浮かびやすくなるんです。

相手にことを思い浮かべる。これは、相手に対して霊的な道を作ることにもなるので、加害者が被害者のことを思うことで、道ができ、同時に、被害者も加害者のことを強制的に思わされるので、それによっても道ができます。この道を私は生霊ロードと呼んでいます。

この生霊ロードがしっかりしていればしているほど、生霊の効果が増していきます。

たとえばストーカーなどは、被害者につきまとって、行動を観察し、場合によっては被害者に「今○○しているね」などとコンタクトをとろうとします。このようなコンタクトを取られたら、無条件に被害者は加害者のことを考えてしまいます。これは非常に生霊を強化していくことに効果的なんです。無意識なんでしょうけど、ストーカーや付きまといをする人は、無意識に生霊を強化する動きをしてしまいます。

そこまで極端にいかなくても、元カレから電話でしつこく復縁を迫られる。といった場合も、その電話が、元カレのことを思い出す効果があり、また、直接言葉を届けることの2つの意味で生霊ロードを太くしてしまいます。こういうケースも生霊憑きを疑った方がいいです。

生霊ロードをいかに切るか。これがあなたにでもできる生霊対策のポイントになります。

 

生霊ロードを断ち切る方法

ポイントは、被害者が加害者のことを思い出さないようにすることです。加害者が元カレや元カノだったら簡単なんですが、加害者が同僚などこれからも付き合いを切ることができない場合は難しくなります。それでもできる範囲で実践してみましょう。

 

加害者の持ち物・プレゼントされたもの・さわったものを処分する

加害者の持ち物を見てしまうと、どうしても加害者のことを思い出してしまいます。この「思い出す」ということを防ぐために、加害者の持ち物やプレゼントが、家にある場合は全部処分してくてはなりません。たとえ、それが今使っているもので、処分すると不便だ。と思っても心を鬼にして処分してください。

また、人の想いはものにこもります。加害者のものは、いわば「生霊の分身ともいえます。特に宝石なんかをプレゼントされたら要注意。石はほかのものと違って抜群に人の想いを吸い込みます。高価なもので手放すのはもったいないと思うかもしれませんが、生霊とおさばするために、頑張りましょう。

ものには人の想いがこもりやすいという意味では、加害者のもちものじゃなくても、触っただけで要注意です。もし加害者と同棲していて、家財道具を共有していた場合は、それも含めて処分を検討しましょう。でも、そうなると財産をまるごと処分ということになりかねませんので、できる範囲でということも忘れずに。生霊対策のために、破産してしまっては元も子もありませんから。ここまで来ると、今住んでいるところが、持家じゃなかったら、引っ越しも検討したほうがいいですね。心機一転する意味でも効果的です。

特に加害者が女性の場合、その加害者を家に家に招いたことがあったら髪の毛が落ちている可能性があります。しっかりと掃除をすることも大切です。

加害者が職場の同僚だという場合は、可能なら転職も視野に入れるといいでしょう。ただし、今の仕事に生きがいや、やりがいを感じていて、辞めるなんて考えられない場合は、例外です。

 

携帯の中にある加害者の写真、電話帳データ、メールアドレス、送信メール・受信メールを削除する

ものじゃなくて、データでも理屈は同じです。写真、電話帳、メールを見てしまうと思いだしてしまいます。特に写真は要注意。簡単に加害者とつながってしまって、生霊ロードができてしまいます。

また、インターネット回線は霊的なエネルギーを通しやすい性質をもっています。そのため、特にLINEやメールなどは、文章だけでなく、その想いものっています。別れ話などのやりとりには、相手の別れたくないという想いがかなり乗っかっていますので、これもまた生霊の分身になってしまいます。きれいさっぱり削除しましょう。LINEだったら、ブロック、削除という流れをとって携帯端末から痕跡を消しましょう。

 

くよくよ考えずに、他の楽しいことに集中する

上記2点を行ったら、あとは逆に全く考えないようにしましょう。加害者があなたのことをずっと想い、強制的に意識させれらることもありますが、それでも気にせずに自分の生活を満喫するのが大切です。不安な気持ちは、魂をぐらつかせ、つけいる隙を与えてしまいます。自分をガードする意味でもお勧めです。

しかし、考えるなといわれると、逆に考えてしまう。そういうものです。家にこもっていると尚更です。なので、忘れることを意識するのではなく、自分が好きなことを無理やりにでも入れましょう。たとえば女子会をする。旅行をする。映画を見に行く。などなど、家から出て、人に会い、そこで心の底から笑う。これが意外にも生霊から自分を守ることにつながっていきます。い

 

 生霊撃退グッズ

ここからは非常にマニアックな予防・撃退法です。

お祓いグッズというのはたくさんありますが、その中でも生霊対策に特化したものもあるという豆知識的なものととらえてください。

ここで紹介するグッズは蒼色庭園でも取り扱っています。興味を持たれた方はぜひお問い合わせくださいませ。お問い合わせはこちらまで

 

生霊撃退パワーストーンブレス

 

IMG_20140131_151918987

パワーストーンは、エネルギーが入っていて、持ち主をサポートします。それぞれ効果が違い、石の組み合わせによって、引き出される効果は千差万別です。それに加え蒼色庭園では、その効果に関するプログラムを入れて、更に効果を引き出します。たとえばお祓いプログラムだったら、ブレスを身に付けることで、私のお祓いを常に受け続けるのと同じ効果がある。という処理を行うことができます。

上記のブレスレットは

薄緑→プレナイト

エメラルドグリーン→ターコイズ

黒→モリオン(黒水晶)

です。

プレナイトは、自分にとって不必要なものや人を、きれいに生産してくれる効果があります。それにターコイズを加えることで、悪縁を絶つ効果が生まれます。更にモリオンの魔除け効果で生霊という霊的トラブルから守るという効果が付加されます。

現実的にも、霊的にもよくない人間関係を切る効果が期待できます。

このブレスを、お風呂に入るとき以外身に付けるといいですね。でもブレスが生霊からずっと守るとへとへとになりますので、日光浴や水晶のクラスターによるチャージも定期的におこなっていくといいでしょう。

もし、ブレスのゴムが切れてしまったら、たくさん生霊から守って、そのために壊れてしまった。つまり身代わりになったということです。感謝の気持ちをこめて地面に埋め、自然に還しましょう。

こちらのブレスレットは皆様のご要望にお応えして12,000円で販売を開始しました。

 

マジカルオイル

 

IMG_20150421_183018最近ではアロマテラピーが流行っていますので、分かりやすいと思いますが、ただリラクゼーションするためではなく、そこに霊的な効果を引き出すことができるオイルがあります。

特に生霊対策では「Rue」がお勧めです。Rueは悪意からの防御で、霊からの守りというより、人の想いからの守りに特化しています。もちろん霊的なものからの防御にも大変強い効果がありますのでお勧めです。私が生霊祓いをするときにはよくこのオイルを使います。

手首や首筋に塗る。アロマランプを使って焚く。という効果が一般的ですし、効果があります。

しかしオイルと少々特徴的な香りをしていますし、結構香りが強いので好みが分かれるかもしれません。

蒼色庭園では、このマジカルオイルを加工してスプレータイプにした「マジカルミスト」も販売しているので興味ある方はお問い合わせを。

 

マジカルインセンス

IMG_20150421_183200 

いわゆるお香です。こちらもアロマテラピーの流行により一般的になってきましたね。紹介するマジカルインセンスは、リラクゼーションの効果よりも、効果重視で作られたものです。今回紹介するのは「Rue」で、マジカルオイルと同じ銘柄です。

こちらはお香なので、強いにおいがあるわけではありません。また、煙がでますので、その煙が空間を浄化し、守ってくれるというイメージをしやすいです。結構安価なので、気軽に使うことができます。

決まった時間に定期的にたいたり、気になるときに炊くといいでしょう。ブレスやオイルと併用するとなおのこと効果大です。

 

ウオーター

 IMG_20150421_182932

次はRueのウオーターです。ここまでくるとRueづくしですね(笑)

このRueウオーターは、Rueの葉っぱが入っていて、濃厚な効果が引き出されます。使い方は、このウオーターを手に含み、こすり合わせることで手になじませましょう。またコップについで、リビングなどよくいる場所に飾っておきましょう。それだけで結構効果があります。

 

ジャーキャンドル

IMG_20150421_183052 ジャーというのはビンという意味です。ビンに入っているキャンドルで、私が使った感じでは1日8時間ぐらい点けるとして、1か月ぐらいもちます。かなり継続して使えるもので重宝しています。今回はRueではなく、「Reversible」を紹介します。Reversibleは、簡単にいえば呪い返しのためのキャンドルなんですが、飛んできたものを跳ね返す効果が非常に強いもので、ジャーキャンドルではRueよりも重宝しています。生霊が気になり始めてから、状況が沈静化するまでの間、家にいる時間帯焚いているだけで効果あります。

 

プロのお祓いの仕組み!返ってこないようにする秘策とは! 

生霊は自分で全て対処するのはどうしても難しいものです。プロの霊能者に依頼して、対処するのが一番です。

しかし、ネットなどを見ると、

「生霊は祓っても、本人からまた飛ばされるから意味がない」

という意見が散見されます。実際、私の元に訪れたお客様の中に

「他の店に行ったら、「祓っても祓ってもまたつくから意味がない」といわれて、匙を投げられた」

といわれる方が多くいました。

そうなってしまうのは、目の前の生霊を祓って、それで終わりにしているからなんです。大事なのはその次の段階で、その生霊を本体に戻して、更に、生霊を飛ばせないように縛るんです。生霊縛りともいわれる手法です。そうすることにより、本体から生霊が飛び出さないようにすることで帰ってくることを防ぐことができるんです。

それでも、その縛りを自力でこじ開けて、帰っていこうとするものです。私の経験では3割の生霊が、また戻ってきます。そうなったらもう一回同じことをするんですね。また生霊を取って、返して縛る。私の経験上、2度やったらもう戻ってきません。

勿論お祓いだけすればすべてうまくいくのではなく、上記で説明したように、加害者の持ち物を処分したり、携帯の中にあるデータを消したりすることはしなくてはなりません。

大事なのは、何かを1つやればいいのではなく、いくつなかの方法を複合的にやっていくことなんですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

蒼色庭園では遠隔による生霊祓いも行っています。県外のお客様もご利用になれます。

遠隔鑑定についてはこちら

お問い合わせはこちら

 

あなたにおすすめサービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

仁科 勘次
仁科 勘次
蒼色庭園代表。中学校2年の頃からタロット占いを始め、高校時代にはのべ2000人を占う。のべ人数600人を越えた辺りからカードから声が聞こえるようになり、カード1枚1枚を人格と捉え、その交わりの中で占いを展開していく手法を確立。

その後、天使喚起に成功。その時に啓示が降り、その言葉に従い霊能者としての修業を開始。以後、過去世の記憶を取り戻すなどの変化や高級霊との交信や退魔の荒行を経て覚醒。

現在では、悩みに悩み苦しんでいる方を鑑定して、少しでも楽になっていただくことや、霊的な障害で苦しんでいる方をサポートしつつ、タロット占いをもっと世の中に広めていくためにタロットスクールを展開している。

>>予約や詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です