【セルフ除霊】お風呂に酒と塩を入れたら浄化や除霊ができる?! 霊障を解消する効果的な方法です

自分で浄化や除霊をする方法はたくさんありますが、私も自分で実践する最強浄化法をお伝えします。

当然のことですが、どんな方法でもその時のコンディション次第ではけがをしたり気分が悪くなったりするものです。

具合が悪くなったらおやめくださいね。あくまでも自己責任でよろしくお願いします。

 

この方法で取り払うことができるもの

浄化や除霊といっても、浮遊霊や地縛霊などの霊だけをさすものではないんです。

霊とは関係なく、イライラやストレスなど精神的なものも霊的な不純物として体に残っています。これもこの方法でとることができます。

また、人を妬む気持ち、憎む気持ちなどのネガティブな感情も洗い流すことができます。

どんな状態が霊障のある状態なのか。霊視ができないとなかなか判別しにくいですが、

上記のような精神的な症状があったときに行うのも効果的です。

 

この方法の優れいているところ

いつでもどこでも行えるものではありませんが、体の中に入っている霊やネガティブな感情を吐き出すことができます。

また塩で体をこすることで、特に症状が酷いところにピンポイントで浄化できます。

終わった後にとてもすっきりとした気分になるのが特徴です。

 

浄化の仕方

準備をする

湯船にお湯をはります。そして塩と日本酒を準備します。塩は粗塩でコンビニで売っている伯方の塩などで結構です。日本酒については、基本なんでもいいですが、合成酒は避けてください。蒼色庭園のお客様情報ですとどうやら鬼殺しがいいようです。実際使ってみましたが効果抜群でした。

 

湯船に入って塩で体をこする

普通に湯船に塩とお酒を入れるのもいいのですが、更に効果を高めるための仁科の工夫です。そこまで霊障がきつくない場合は、そのまま塩とお酒を入れてください。

まず湯船に入ります。そこで湯船の湯につかるのではなく、そのまま立ちましょう。するとひざまでお湯が浸っていて、それ以上はお湯から出ている状態のはずです。その状態で、塩を手のひらいっぱいに持って、それで体をこすりましょう。スクラブをするような感じですね。特に霊障が出やすい場所は念入りにこすりましょう、

塩で体をこすってこぼれ落ちた塩はそのまま湯船に落ちていきます。これがお風呂のお湯に溶けて、塩風呂になっていきます。

霊障は肩や首、腰によくでると思われますが、意外に頭にも来ているんです。頭痛があれば頭もやろうと思うでしょうが、イライラや落ち込み、ネガティブな感情は頭からきていると思ってください。そのため、私は頭や顔も塩でこすります。しかし、私は男だから気にならないところですが、女性の方にとって顔の肌や頭皮を刺激するのは美容の観点からみるとお勧めできないところです。

この塩を頭皮に刷り込むリスクを回避する裏技を見つけました。こちらの記事も併せてご覧ください。

【セルフ除霊】LUSHのリキッドシャンプーBIGに驚きの除霊・浄化効果が!【海塩効果てきめん】

使う塩の量は私の場合、500g入りの伯方の塩を2回で使い切るので250gですね。全身を塩でこするならこれぐらいの量がいいかもしれまえんね。

塩をこするときによくないものがこすれて体から出ていくというイメージをもつことを忘れないようにしましょう。この「よくないもの」は黒い墨汁のようなものというイメージをもつと、色彩的にもイメージしやすいのでお勧めです。

 

日本酒をかぶる

体中を塩でこすった後は、頭から日本酒をかぶります。量は1合か2合ぐらい。頭からかぶると当然冷たいですし、目に入れば痛くなります。そういう意味は刺激的ですので、日本酒をかぶるか。かぶらないで湯船にそのまま入れるかはあなたの判断でお願いします。しかし私は日本酒をかぶらないと落ち着きません(笑)

先述しましたが蒼色庭園のお客様の勧めもあり鬼殺しでやっています。浄化や除霊で鬼殺しというネーミングの偶然の一致が面白いものです。

日本酒をかぶるときには、塩と同じく、ようないものが日本酒により清められ流れ去るイメージをもつことを忘れないようにしましょう。

 

湯船につかる

湯船に浸かって、こすりこんだ塩をお湯に流しましょう。お湯の中に潜って、頭や顔などの塩や日本酒も流します。その跡、体中の毛穴からよくないものがお湯に流れ込むことをイメージします。イメージしやすくするために、よくないものを墨汁のような黒い液体とイメージするとやりやすいです。

塩や日本酒ですが、量が多いように思うかもしれませんが、湯船にいれたお湯の量と比べると微々たるものですので、塩や日本酒を多めに入れたとしても、塩が解けなくて残ることはありませんし、日本酒の香りがきつくなることもありません。むしろ無臭です。

 

湯船のお湯を抜く

体の中のよくないものがかなりお湯に流れています。場合によってはお湯にとろみが出ることもあります。これはよくないものが流れ込んだために起こる現象です。またこのとろみがなくても、よくないものが流れ込んでいないとは言えません。人によって、もしくはその時の状況によりよくないものの成分は違うものです。

そのため、あなたがこの浄化をした後、他の家族の方がお風呂に入ることはよくありません。当然のことですが、あなたがお湯の中に流し込んだよくないものを、他の家族の人がもらってしまうからです。したがって、あなたが独り暮らしじゃなくて、家族と一緒に住んでいる場合は、最後にお風呂に入るなど工夫してください。

この浄化をした後は、すぐにお風呂の栓を抜くようにしましょう。

 

まとめ

この方法は、私が実際にやったうえで効果的だったと感じたものです。私なりにアレンジしています。塩で顔や頭をこすったり、頭から日本酒を浴びたり、湯船に頭の先まで潜ったりするなど、結構無茶なことを書いていると思います。あなた自身ができる範囲でやっていきましょう。塩や日本酒は体をこすったり頭からかぶったりせずに、そのまま湯船に入れるだけでも効果がありますから。

また、この方法は効果的な方法ですが、強い霊障については気休めにしかなりません。もしもの時には、プロの霊能者にまかせましょう。蒼色庭園でも除霊やお祓いを行っています。

霊的な対処。つまりお祓いや除霊についてはこちら↓

霊体のメンテナンス

宮崎にお住まいでない遠方の方でも、写真により遠隔で霊的状況の鑑定や除霊などの処置を行うことが可能です。

電話・メール鑑定

 

あなたにおすすめサービス

この記事の著者

仁科 勘次
仁科 勘次
蒼色庭園代表。中学校2年の頃からタロット占いを始め、高校時代にはのべ2000人を占う。のべ人数600人を越えた辺りからカードから声が聞こえるようになり、カード1枚1枚を人格と捉え、その交わりの中で占いを展開していく手法を確立。

その後、天使喚起に成功。その時に啓示が降り、その言葉に従い霊能者としての修業を開始。以後、過去世の記憶を取り戻すなどの変化や高級霊との交信や退魔の荒行を経て覚醒。

現在では、悩みに悩み苦しんでいる方を鑑定して、少しでも楽になっていただくことや、霊的な障害で苦しんでいる方をサポートしつつ、タロット占いをもっと世の中に広めていくためにタロットスクールを展開している。

>>予約や詳細はこちら

【セルフ除霊】お風呂に酒と塩を入れたら浄化や除霊ができる?! 霊障を解消する効果的な方法です」への2件のフィードバック

  1. 5年くらい前からお金に困るようになりました。
    精神病に悩まされ仕事が出来なくなったり、病気をしたりでお金がかかることばかりです。
    今ではもっとエスカレートしているようで、財布の小銭まで綺麗になくなることが多く常にお金に困っている状態です。霊障の疑いがありますか?

    • お金に困る
      病気に悩まされる

      この2点が霊障かもしれないというポイントですが
      全く霊障じゃないかもしれないケースとも言えますので、断定が難しい状態です。

      特に精神的な病気は、霊がたくさんついているケースか全く憑いていないケースに別れてしまいます。
      よろしければ一度鑑定させていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です