タロットスクール

64410「自分でも占えるようになりたい」タロットスクール「占いができるようになって人の役に立ちたい」
「自分の直感力や霊感をもっと有効に使いたい」

など、占いを受けるだけでなく、自分でやっていきたいとするお客様が増えてきました。

タロット占いは、今日の運勢というような抽象的なことよりも、具体的な相談内容で問題解決に向いています。つまり、何か悩み事があるときにそこから抜け出すヒントを引き出すのが得意なんです。

何か大きな壁にぶつかってしまったとき。
友達が何か悩み事があって苦しんでいる。なにか力になってあげたいと思うとき。

そんなときに、タロットカードがあなたのそばにあると心強いことでしょう。

 

タロット占いをもっと身近に……そしてもっと広めたい

タロット占いはメジャーな占いです。東西問わずオカルティストの多くが何らかの形でタロットカードとかかわるほどスタンダードなものです。
しかし、お客様の多くが

「タロット占いは初めてです」
「タロットカードを初めて見ます」
「宮崎にもタロット占いの店があたんですね」

と言われます。

宮崎では馴染みの薄い占いのようです。

タロット占いは先述したように、

タロット占いは、今日の運勢というような抽象的なことよりも、具体的な相談内容で問題解決に向いています。つまり、何か悩み事があるときにそこから抜け出すヒントを引き出すのが得意なんです。

このタロット占いの特性は他の占いにはなかなかないものです。この特性を生かして皆様のお役にきっと立てると思っています。そのためにはタロット占いが皆様の身近な存在になる必要があると思っています。

タロット占いのショップがもっと増えて欲しいし
タロット占いをするバーや喫茶店のようなお店がもっと増えて欲しいし
趣味でお友達に対して気軽に占うという文化が根付いて欲しい

しいてはタロット占いに限らず占いそのものがもっと皆様の身近なものになってほしい。
占いショップに足を運ぶのが何だか特別で身構えるものではなく
気軽に立ち寄れる当たり前のものになってほしい。

そのためには、私が身に付けた知識や経験を惜しみなく提供したい。
そう思っています。

 

「自然と身につく占い」がモットーです

タロット占いを始めて挫折する人の多くが「カードの意味を覚えるのが難しい」ことにあります。タロットカードは78枚あって、そのうちの22枚だけでも占いができます。しかし、この22枚それぞれにたくさんの意味がありこれを覚えるのがとても大変なんです。

意味不明な言葉を英単語を暗記するかのようにひたすら覚えなければなりません。
まるで、学校の勉強をしているかのような錯覚に襲われる方もいます。

元々タロットは学問の教材としての側面も強く、スピリチュアルな体験とは程遠い苦痛にげんなりしてしまうようです。

そこで本サロンのスクールでは、家での予習復習は全く必要なし。
スクールの時間だけで確実に身につくカリキュラム編成をしています。

その種明かしは、タロットカードのとらえ方にあります。

本サロンでは、タロットカードを「魔法機械」と捉え、カードから発せられるスピリチュアルな電波みたいなものを読み解くという方法を採っています。

そのため、伝統的なカードの意味を初めは全く取り上げず、カードからスクール生が読み取っていきます。
つまりカードの意味を暗記するのではなく、自分で引き出すのです。そのため自分で引き出したものは体に染みつきますし、そもそも占う時にカードを開いた瞬間にカードから発せられるものをその場で読み解くという方法も採れるのです。

また不思議なことに、自分達で読み取ったものと、伝統的なカードの意味が酷似するんですね。

当然のことですが、伝統的な本当の意味もきちんと学習します。しかし自分なりにカードを理解し身近なものになってのことなので、すんなり入っていくんですね。

この方法で学習している「蒼色庭園タロットスクール第1期生」の方達は

「今日の「愚者」は表情が違う」
「このカードから風が吹いているのを感じます」

など、カードを感じ、戯れながら、まるで自分の無二のパートナーのような気持ちでカードと接しているようです。そしてそれが占いに生かされています。

また、個人レッスンで受講されているある方は、タロットカードに魂を込める儀式を終えた後
「カードが動き出しました」
といい、カードから情報を読み取るエクササイズをすると
「さっきまで何も言わなかったのに、話し出しました」
と言われました。カードから情報を引き出す原理が分かると、このように劇的な体験をされる方もいらっしゃるんです。

また、もうすぐグレード2を修了する第1期生の方々は、カードを見るだけで言葉が浮かぶ。映像が見える。カードが話しかけるなど、占いに必要な情報を上手に引き出し、劇的な体験をされています。

タロット占いを通してスピリチュアルな体験を。
それが実感できるという楽しさを味わっていただきたい
無理なく確実に身に付けていただきたい
そう願っています。

よく霊感がなければできないんじゃないんですか?
私物覚え悪いんですが大丈夫ですか?
勉強嫌いな私でも大丈夫ですか?

と特別な方じゃないと占いができないと思われている方が結構いらっしゃります。
特別な力は全く必要ありません
暗記力も必要ありません。

大切なのは占いが出来るようになりたいという気持ち
スピリチュアルなことが大好きだという気持ち
人の役に立ちたいという気持ちです。

是非気軽に受けていただきたいと思っています。

 

感動を生む占いができるようになるために

占いという作業は、カードから情報を受信することと、その情報を相手に伝える発信することの二段階です。タロット占いを学習する方は、このうちの「カードから受信すること」ばかりに重点を置く傾向にあります。

例えば、カードの意味を覚えることに終始したり、人を占わずに本とにらめっこをしたり。
それでは占いが上達しません。

当然、カードから情報を受信することも大変重要なのですが、それを相談者にどう伝えると納得する占いになるのか。第一回目のスクールから実際に占いの実践練習をしながら学習します。

より分かりやすい文章構成
具体的に占っていくための手立て
より伝わる言葉遣い
相談内容の聞き方
相談者に寄り添い、共感していくための手立て
占い師としての誇り

などなど、私が身に付けたものを全て伝授するつもりでお伝えしていくつもりです。

 

タロットスクールで目指すもの

本サロンのタロットスクールは、「タロット占いの店が増えて欲しい」という理念から、プロの占い師を養成するところまで視野に入れています。また、趣味にとどめる方も高い技術があった方がより楽しめると考えています。

そのため、○○回で終了というような、決まった回数でスクールが終わるというシステムをとっていません。
つまり、書道や武道などのような習い事としてずっと継続して続けていくものと考えると分かりやすいと思います。

スクールの講義速度は、受講生の実態に応じて変えていきますので一概に言えませんが、第1期生を基準にすれば、

第1回目
学習した3枚のカードを使って占うことができる。(カードから発せられる情報を読み取りながら)

第9回目(スクール開始2ヶ月経過)
大アルカナ22枚を使って占いをすることができる。(何も見ずに相談内容に沿った占いができる)

第13回(グレード1修了)
占われる人の悩みに寄り添い、すっきりさせることができる。
詳しくは蒼色庭園ブログこちらまで

第39回(グレード2修了)
プロの占い師として活動できるレベル。相談者のかかえる深刻な問題に向き合い、それを解決する糸口をみつけることができる。頑張って生きていこうとする元気をもつことができるような占いができる。

という流れです。「勉強」として必要以上に意気込む必要なく、スクールの時間だけで楽しく身に付けることができるようにするためのカリキュラム編成に心がけています。

ちなみに、プロの占い師として自立していくための橋渡しとして、グレード2を修了された生徒さんは、本サロンで実際に代金をいただきながら一般のお客様を占っています。スクールとしてタロットの技術を伝授するだけでなく、占い師として活躍するための支援も行っています。

 

タロットスクールによって身につく力

「タロット占いを勉強する」
という言葉が自然に見えるほど、タロット占いは「勉強すること」によって身につくというイメージをもっている人が多くいます。タロット占いの歴史を逆戻れば、今のタロット占いは黄金の夜明け団などの西洋魔術と密接に関わっています。西洋魔術はとてもシステマティックな学問で、身に付けるためには「勉強」しなくてはなりません。

しかし、蒼色庭園タロットスクールは、「勉強」ではなく「訓練」と位置づけ、タロットカードを媒体にした能力開発をしていくという考えの下にでカリキュラム編成をしています。

【グレード1】
・ カードが伝えようとしていることを感じることができる。
・ 相談者と自分をつなげることができる。
・ アドバイスをスラスラ言うことできる。
・ 直感が鋭くなる

【グレード2】
・ 相談者の心の中に潜ることができる。
・ カードを通じて、相談者に関する映像を喚起することができる。
・ 相談者の相談についてじっくり耳を傾け、心がすっきりする占いを行うことが出来る

【グレード3】
・ カードと会話することができる。
・ カードを開いた時に見える映像で占うことが出来る
・ 裁判や特殊恋愛などレアなケースに対応できるようになる
・ 雑誌に連載するような不特定多数に向けた占いができるようになる

個人差がありますので、必ず身に付けられるというわけではありませんが、これまでのスクール生の皆さんが平均的に身に付けられた力を挙げさせていただきました。タロット占いの技能を習得していくことを中止にしていきながら。様々な能力が身についていくことを視野に入れて行っています。

 

タロットスクールのシステム「選べる2システム」

蒼色庭園タロットスクールでは、お客様のご都合に合わせて2タイプのシステムをご用意しています。

 

集団スクール

3人~5人の集団で行います。
【受講日】  毎週1回
【時間】   1回につき2時間
【料金】   1月13,000円(1回で約3,250円)月謝でのお支払いになります。
【捕捉】   受講日は基本曜日(第1期生は土曜日など)が決まっていますが、どうしても折り合いがつかない方がいる場合は変更されることがあります。
【メリット】 集団で行う分、月謝を抑えています。また、学び合いができるのが大きなメリットです。

※ タロットスクールは、カリキュラム編成の関係上、受講回数が同じ方同士じゃないと一緒には受講できませ ん。集団レッスンを希望されている方は、受講希望者が3人以上集まってからの始動になるため、お待ちいただくことになることもございます。予めご了承ください。

 

個人レッスン

1人~2人の個人で行います。
【受講日】  お客様次第(週に2回でもいいですし、月に1回でも構いません。お客様のご予定によります)
【時間】   1回につき2時間
【料金】   1人の場合は1回につき講師が仁科ですと8,000円、麻倉ですと6,000円その都度お支払いいただきます。
        ※ 講師によって料金が変わってきます
        ※ 集団スクールと支払い方法が変わってきます
【メリット】 お客様のご都合に合わせて日時を決めることができます。また、受講の頻度もお客様のお考えやご予定に合わせることが出来ます。 

このエントリーをはてなブックマークに追加