【霊障対策】黒魔術や呪いを解除するには?黒魔術の説明から対策まで【黒魔術・呪い】

「黒魔術のかけ方」や「呪いのかけ方」というキーワードから、蒼色庭園のホームページに来られる方がよくいらっしゃいます。

結論から言うと、本サイトにはこういった内容は一切書いておりません。私たちは、こういったことを無意味だと主張する立場です。

一方で、同じ黒魔術や呪いというキーワードで検索されている方や、お祓いを依頼される方の中に「黒魔術や呪いにかけられているのではないか」「黒魔術や呪いを解くためにどうすればいいのか」「解いて欲しい」というような依頼やご相談を多く受けます。

今回は黒魔術や呪いのかけ方ではなく、そもそも黒魔術とはどういったものなのか、どう対処していけばいいのか、ということをテーマに説明します。

 

 黒魔術とは

一般的には、人を傷つけるためのおまじないと言われています。

黒魔術に対するのは白魔術と言われており、こちらは人を助けるなどのポジティブなもの、自分を幸福にさせるものなど、良いことに使われるものだと言われています。

 

願望達成系の魔術は黒魔術である

黒魔術は人を傷つけるもの、私利私欲に走るもの、というふうに言われがちです。しかし専門的には、願い事を叶える願望達成系の魔術全般を黒魔術と言います。

例えば、魔術師として有名なアレイスター・クロウリーという方が書いた「魔術―理論と実践」という本には「聖守護天使との知遇を目的とするもの以外、全て黒魔術である」という風に定義付けています。

「聖守護天使との知遇」というのは、黒魔術や白魔術以外の魔術を指します。それ以外の魔術というのを仏教に置き換えるとすれば、お坊さんが座禅を組んで悟りを得るための修行をするように、西洋魔術も強引に言えば、悟りを開くための修行と同じようなものなのです。

自分の中に神がいるが、人間としての生活を送る中で、人間の方ばかりにシフトしてしまい、自分の中に神がいるということを忘れてしまっている。そういった状態から、自分の中にある神を取り戻していこう。自分の中の神と、自分というものを融合するといった現象を「聖守護天使との知遇」と言います。自分の中にいる神に対して、聖守護天使という言葉を使われています。そういった「守護天使との知遇」を目的にするもの以外は黒魔術であると定義されています。

恋愛に仮定するとすれば、ある人と付き合うために自分を振り向かせるための術をかけるとします。自分が魅力的になるための術や努力とは違い、振り向かせることだけに力点を置く術をかけてしまうと、相手の方の自由恋愛の権利を奪うことになります。自分がそういった術をかけられてしまった場合、好みでない人を術によって好きにさせられるのは嫌ですよね。

関連記事: 【呪い】呪いって本当にあるの?かけることどうなるの?→とんでもない目に合うか何も起こらない【黒魔術】 

 

黒魔術が困難な理由

黒魔術を成功させるのは難しく、専門的な訓練をしなければならない

黒魔術をかけるのは非常に困難であり、素人の黒魔術は成功しません。なぜなら、黒魔術を成功させるのはとても難しく、専門的な訓練をしなければならないからです。

ネットや本に書かれている「人を呪うための儀式」などは順番通りにやって、上手くいくのでしょうか?

こういった術は、料理に例えると非常にわかりやすいです。黒魔術のやり方を知ることで「料理のレシピ本」を手に入れたとします。レシピさえあれば料理は作れるでしょうか? 簡単なお味噌汁などは作れるでしょうが、全くの素人に、凝ったフランス料理のレシピ本を渡しても作れませんよね。まず道具を揃えるのが困難で、レシピ通りに作っても、途中で調味料の量を変えたり、オーブンの温度を調整するなど、経験による調整力も必要です。また、何と何を混ぜるとどのような味になるのかという、料理の理論も知っておかなくてはなりません。当然のことですが、料理の作り方を知っているだけでは、プロのシェフが作ったようにはなりません。レシピが難しければ難しいほど、プロの料理と全く違うものになります。

このように、黒魔術や人を呪うことは非常に難しく、フランス料理の最高峰を作るようなものなのです。「料理のレシピ本」である黒魔術のやり方を知ったところで、簡単にかけられるわけではないのです。

 

黒魔術の正しい情報は開示されていない

そもそも正しい情報は、ネットや本などに書かれていません。一部がネット上にあっても、完全な部分は開示されていないのです。黒魔術や呪いというものは、その結果の深刻ささから軽はずみに公開されません。また難易度が高いものですので、適切な訓練や学習を経てからじゃないと到達できない情報にあたります。

じゃあ、訓練や学習を深めれば知ることができるのか。その通りではありますが、そこまで熟練したころには、黒魔術や呪いを実行することがいかに無意味なことなのかということに気付き、知ることはできるけど、実行はしないという境地に達します。

つまり、黒魔術や呪いを行う人は、そこまでの境地に達していない人だということがいえるでしょう。

 

黒魔術や呪いは自分に返ってくることの方が多い

呪いとはネガティブなエネルギーを作りだし、人に振りかけるものです。呪いは自分に返ってくるとよく言われていますね。人に呪いをかけるというのは、毒薬を作り、相手に届けるといった状況と同じなのです。届ける途中に転ぶなどして、自分に降りかかってしまったり、自分にとって大事な人に降りかかってしまう恐れがあります。ですので、黒魔術がしたい、呪いがしたいという人はやめたほうがいいでしょう。

 

生霊を飛ばされている可能性

このように、黒魔術や呪いをかけるのは非常に困難なため、被害に遭うことも少ないです。「黒魔術や呪いをかけられているかもしれない」「解いてください」とよくご相談や依頼を受けますが、大抵は依頼主の思惑とは違い、黒魔術や呪いではないことが多いです。

黒魔術をかける状態というのは、相手を妬み、恨んでいる状態なので、そのエネルギーが生霊がとなり、相手を苦しめることのほうがケースとして多いです。妬み恨んでいる人の思い通りになってしまうという症状になることから、黒魔術や呪いがかかったように見えてしまうことも多いですね。

 

関連記事【運気急降下】生霊の恐ろしさとその症状!意外に身近に潜む落とし穴

関連記事:【セルフ除霊】生霊をどうにかしたい人必見!自分で行う対策から、プロの生霊返しまで 

対策

何よりも、気にしないのが一番です。「黒魔術や呪いがかけられてしまったらどうしよう」などとネガティブな気持ちに陥ってしまうと、霊を引き寄せる可能性があります。

黒魔術をかけてきそうな人と関わらないようにしましょう。場合によっては、生霊が飛ばされている可能があります。黒魔術や呪いをかけるであろう人は「俺はお前を裏切るぞ」などとアピールをしてくる方が多いです。間に受けると尚更生霊が飛んできたり、そういった思い込みから、呪いにかけられたような感覚になってしまうことがあります。

生霊対策と同じで、携帯に残っている連絡関係や画像などのデータを消し、黒魔術や呪いをかけたであろう人から貰った物や、その人を思い出すもの、またその人が使ったものは処分しましょう。

関連記事: 【セルフ除霊】縁を切りたい人からもらったプレゼントの処分の方法【生霊対策】

 

まとめ

黒魔術や呪いというのは、実際かけるのが非常に難しいです。

だからこそ「黒魔術や呪いがかかっているかもしれない」といったケースは非常にレアで、実際はかかってない場合が多いです。黒魔術や呪いを怖がるがあまり、生霊や霊を引き寄せてしまう可能性があります。

また、黒魔術や呪いをかけるであろう方が近くにいる場合は、生霊に対する対策を取ることが必要です。

「黒魔術や呪いをかけられたかも」「生霊を飛ばされたかも」と感じられた方は、こちらまで。

霊体のメンテナンス

また蒼色庭園では、土地の霊視鑑定・お祓いも行ってます。

土地の鑑定

サロンに来れない御客様も、写真から遠隔で霊視鑑定・お祓いできます。

電話・メール鑑定

 

 

 

この記事の著者

仁科 勘次
仁科 勘次
蒼色庭園代表。中学校2年の頃からタロット占いを始め、高校時代にはのべ2000人を占う。のべ人数600人を越えた辺りからカードから声が聞こえるようになり、カード1枚1枚を人格と捉え、その交わりの中で占いを展開していく手法を確立。

その後、天使喚起に成功。その時に啓示が降り、その言葉に従い霊能者としての修業を開始。以後、過去世の記憶を取り戻すなどの変化や高級霊との交信や退魔の荒行を経て覚醒。

現在では、悩みに悩み苦しんでいる方を鑑定して、少しでも楽になっていただくことや、霊的な障害で苦しんでいる方をサポートしつつ、タロット占いをもっと世の中に広めていくためにタロットスクールを展開している。

>>予約や詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です