【霊障チェック】霊的な虫は存在する?クモやカナブンなど最早ナウシカの腐海のような世界!【霊の種類】

ひと口に「霊」といっても様々な種類があります。

人間の霊、動物の霊などはご存知の方もいると思いますが、実は霊的な虫の霊もいる事はご存知でしたか? いまいちピンとこない方も多いでしょう。

皆さんが、あまり虫の霊の話を耳にする事が少ないであろう、霊的な虫について解説していきます。

霊的な虫とは?

実際に生きていた虫が死んで霊的な虫になるのではない

例えば、狐の霊は実際の狐がなくなって動物霊になったものではないことが多いのと同様に、虫の霊も同じ事が言えます。霊的な虫も、生きている虫がいて、それがなくなって霊的な存在になったものではありません。

 

元々妖怪のように霊的な存在としてあるもの

虫の霊は、この世に存在するのかということでなく、元々霊として存在するものです。つまり、肉体をもったことのない存在であり、言わば妖怪的な位置づけにあたります。

 

地球上に生息していない形のものも多い

元々生きている虫が死んで、虫の霊になったわけではないので、生きている虫と関連しているわけではなく、地球上に存在しない形をしているものが多いです。

 

群れをなすことが多く、数百匹から数千匹が巣を作り生息する

群れをなす虫の霊の場合には、実際の地球上に存在する虫の形に近いものになります。いわゆる、蟻塚のように巣を作ってその中にたくさんの霊がいるようなイメージです。

 

大きさは3㎝から2mぐらいと様々

霊的な虫の大きさはおよそ3㎝から2mほどの大きさのものなど様々です。
ナウシカの腐海の森の場所にいるような2mのカナブンのような形をしているものなど、他にもの実際には見たことのない何種類もの異様なものがいます。

 

体はクモ、頭は人間など人間の一部が混ざっているものいる

人面犬と同じように、人面蜘蛛など、人間の体の一部が混ざっているものもいます。まるでゲゲゲの鬼太郎にでてくる妖怪のようなものです。慣れないとそのグロテスクな姿に気持ち悪くなってしまいます。

憑依の仕方

霊的な虫はどのような影響を与えるのかを解説します。

 

小さい虫の霊は、人間の体に巣を作る形で憑依する

小さい霊的な虫は群れをなすことが多いので、憑依した体の中に蟻塚の様に巣を作り仲間が増えていきます。

 

人間の体の中に数百匹から数千匹が生息することになる

先述したように、憑依され体の中に巣を作るられると数百匹、数千匹の霊的な虫が体内に生息することになります。

 

大きい虫は、頭などに憑いてエネルギーを吸い取るなどの形で生息する

巨大で異様な姿の霊的な虫に憑依されると、長い口吻で蚊に刺されいるような状態で頭に憑いてエネルギーを吸い取られることもあります。

 

車や家に住み着くこともある

虫の霊は自然豊かな場所にもいるし街中にもいます。住宅に密集して住みつき、その場所を汚れた環境にしていく、虫も埃もたくさん溜まるようになってしまいます。車にも移動の最中に巣の近くを通り住み憑かれることもあすます。

霊的な虫による霊障とは?

 

頭に憑いて、頭の中を這い回り激痛が走ることがある

体の中に巣を作るタイプのシロアリやクモのような形をしている霊的な虫は頭を食い潰します。実際の脳などの物理的な器官に影響するのではなく、エネルギーを食いつくされると、それとリンクして激痛が走るという霊障が起こりやすいのです。このような痛みは悪魔か霊的な虫による物が多いです。

 

体を虫が這うような不快感や痛みが伴う

虫にカサカサと肌の上を通られる不快感や、体の中を通られると痛みを伴う霊障があります。虫を払おうとしてもいない、痛みで病院に行っても原因がわからないでしょう。
痛みが移動するという霊障の場合は、人間の霊と虫の霊が多いです。

 

エネルギーを吸い取る系の虫の場合は体力が奪われる

憑依されるとエネルギーが吸い取られるので、体がヘトヘトになる、朝起きても寝た気がしない、全体的にエネルギーが奪われるので、集中力がなくなったり、1つの事が長く続けられないなどの健康被害があげられます。

 

繁殖して人間の体を巣にするため症状が暖和しない

霊的な虫に体の中に巣を作られると、霊障が根強いので症状が暖和せずに悪化していく一方になります。
また、他の人と接触して移ることも多いのが特徴です。

 

精神的なダメージや良くないことが続くということより、体の痛みとして現れるのがほとんど

鬱のような症状がでたり、何かへの異常な依存性、ヒステリックがひどくなるなどの精神的なダメージは無いが、体が痛い、体力が奪われるなどの肉体的なダメージが大きいのが霊的な虫の特徴です。

対策

 

お香で追い出すことも可能だが、根本から取り除くのは難しい

体に少々憑いているぐらいでは、お香で追い出す事も可能です。お香は魔除けの効果の高いホワイトセージなどは非常に効果的です。フランキンセンスやミルラなどもオススメです。

しかし、体の中に巣を作られているとその対処もある程度効果はあっても、根本的な解決にはならない場合もあります。

 

専門的にお祓いをお受けた方が確実

異変を感じて、自分で対処して良くならなかったら、まず病気にいって医者に診てもらい、それでも改善せずに悩むレベルならば霊障かもしれない?と考えてみるとよいでしょう。

霊能者に診断をしてもらい、結果をみて必要であればお祓いをお願いしてみましょう。霊障であれば、改善することが多いです。

プロの霊媒師にお祓いをお願いするかどうかは、自分自身がどう感じるかという事がポイントになってきます。

あらゆることを霊のせいにするのは危険ですが、あくまで原因の1つとして霊的なものも可能性としてとらえてみるとよいでしょう。

蒼色庭園では霊的なアドバイスや、お祓いが必要かどうか霊視して診断いたします。

霊体のメンテナンス

また蒼色庭園では、土地の霊視鑑定・お祓いも行ってます。

土地の鑑定

サロンに来れない御客様も、写真から遠隔で霊視鑑定・お祓いできます。

電話・メール鑑定

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

仁科 勘次
仁科 勘次
蒼色庭園代表。中学校2年の頃からタロット占いを始め、高校時代にはのべ2000人を占う。のべ人数600人を越えた辺りからカードから声が聞こえるようになり、カード1枚1枚を人格と捉え、その交わりの中で占いを展開していく手法を確立。

その後、天使喚起に成功。その時に啓示が降り、その言葉に従い霊能者としての修業を開始。以後、過去世の記憶を取り戻すなどの変化や高級霊との交信や退魔の荒行を経て覚醒。

現在では、悩みに悩み苦しんでいる方を鑑定して、少しでも楽になっていただくことや、霊的な障害で苦しんでいる方をサポートしつつ、タロット占いをもっと世の中に広めていくためにタロットスクールを展開している。

>>予約や詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です