大切な人との記念日・・・

大切な人と過ごす記念日は・・・

女子ってどうしてこんなに記念日を大切に思うのでしょうか?
「今日は何か月記念日☆」「今日は初めて〇〇した日☆」「今日は○○記念日」などなど…

たまには男性でも記念日を大切に考え、特別感を持って過ごす人もいますが、基本的に男性
は記念日は流れゆく日々に埋もれ変わりないものと、とらえていますよね!?

さて、この女子の記念日好きにはちゃんとした理由があるんです!!それは・・・

 女性は実は、男性よりもたくましく生きてゆける資質もあり、「守ってもらう」ことがな
くても、生きていけないわけではありません。しかし、女性は、「誰からも守ってもらえな
い自分」に不安を感じる、という傾向があるそうです。誰かが自分を大事にかばってくれる
ことが分かると、「私はそれだけの価値がある」と感じて嬉しくなるわけです。「記念日」
は、その象徴的な存在なのです。

だから、記念日をきちんとお祝いされる事で自分が「誰かに守られる」「大事な存在なんだと感じられる」のです。

さらに、女性にはもう1つ、

「誰かに見守られ、興味を持たれることによって、楽しく生きているという感覚を得られる」という心理傾向があります。逆に言うと、「誰も自分の幸福に
関心がない」という状況は、女性をとても「不安」にさせるのです。

そして、その状態が長く続くと、女性は自分の存在価値を疑い始める事も。。。
女性が突然、「私ってあなたの何なの!?」などとヒステリーになるのも、誰も自分に関心が
ないと感じ、自分の存在価値を感じられなくなっている時、なのです。ついつい、恋人を試
してしまう行為もこれに当てはまるのです。

「記念日を祝われる」ことは、「相手が自分に興味を持ってくれている」という強力な証拠
です。「私が幸福かどうかに、パートナーが関心を持ってくれている」という安心感をもら
えることが重要なのです。

そう考えると、記念日をお祝いする事は当然ながら、時には記念日以外にも、サプライズでプレゼントを贈るとか、記念日以外にも普段と違う言葉をかけたりする事は大切なのかもしれませんね。。。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

麻倉 蒼衣
麻倉 蒼衣
お客様の心の中に入り、そこから見たり聞いたりする情報を基に鑑定を展開させていくのが得意。
特に、恋愛占いでは、未来の恋人の顔や、将来の関係性、成功の道筋など映像で見えるため、かなり詳細な鑑定が可能。そのため、お客様からは、「そこまで見えるんですか?」と驚かれることが多い。

グレード3からカードと会話ができるようになり、その関連で守護霊を霊視した上で、会話することに成功。守護霊からのアドバイスを説明することができるようになる。また、更にお客様の情報をカードを使わずに取り出したり、高次な自分と会話することにより鑑定する方法(特別鑑定)ができるようになる。

お客様からは的確なアドバイスをするといことと、癒し系で親しみやすいとのことで高いリピーター率を誇る。新人にして人気のセラピストとして蒼色庭園を彩っている。

>>予約や詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です