【霊障チェック】変な人に絡まれるのは霊障かも!いじめ・因縁をつけられるなどコミュニケーション全般に障害が!

今回は「変な人に絡まれるのは霊障かも」というテーマでお話しします。これまでの「~は霊障かも」というシリーズの記事とは少し変わった内容かもしれません。

この記事を読むことで、変な人に絡まれることが全て霊障だ、という偏った考え方を持っていただきたくはありません。「~は霊障かも」という記事の中では、様々なことを「霊障かも」という形で括っていますが、私としても、起こりうること全てが霊のせいだと考えているわけではありません。一つの判断材料として「霊障かもしれない」という選択肢を持っておくと良いのではないか、という気持ちで書かせていただいています。

霊的なものが原因であれば、お祓いをしましょう。しかし、そうでないときは現実的なアプローチで改善していきましょう。蒼色庭園では、タロット占いや特別鑑定もしていますので、現実的なアプローチをする方法のアドバイスとして、皆様のお役に立てればと思います。霊的なものが原因なのか、それ以外のものが原因なのか、考え方を区別していくことが非常に大事です。

 

 

霊に憑かれるとコミュニケーションに問題が

人に嫌われる

霊に憑かれる前と後での変化がとても大きくなります。それまではコミュニケーションで何のトラブルがなくても、急にトラブル続きになり、孤立してしまうことがあります。急に起こる。ということが霊的なものが原因であることがあります。

 

いじめにあうようになる

単に学校教育の中でのいじめに限らず、職場や親戚などのコミュニティの中でのいじめを指します。霊的なものに憑かれることにより、いじめなどの大きな出来事に発展していくことがあります。

 

周りの人がおかしい人ばかりになる

ありもしない悪口を言いふらしたり、いきなり怒り出す人、物を盗む人、急に機嫌が悪くなる人など、普通でない行動をする人が周りに現れます。自分にとって心地のいい人で周りを固めていたはずが、気付いたら自分に危害を与える人が占めている、となると何かしらの作為性を感じますよね。

 

因縁をつけられることが多くなる

道端で、急に難癖をつけられて何かしらトラブルに巻き込まれることがあります。治安が悪い地域でも、それほど頻繁に目を付けられることは滅多にありませんよね。しかし、人によっては、一日2回も目を付けられることがあるようです。

おどおどしている、そういう雰囲気を身に纏っているなど、因縁を付けられやすいタイプの方は抜きにして、そうでない方でも因縁を付けられることがあります。ある日を境に急に回数が増えたとなると、霊のせいである可能性があります。

 

何かと目立つ

いい意味ではなく、悪い意味で指摘されたり、理不尽な理由で理不尽な扱いを受けて目立ってしまうという状況になることがあります。なんでこんな目に遭うのだろうと考えてしまいますよね。

 

 

具体的なケース

道端で絡まれて殴られた

すれ違う際に肩と肩が触れ合い、難癖をつけられたというベタなドラマや漫画でよくあるケースなのですが、実際は肩と肩が触れ合ったくらいで難癖を付けられることは少ないと思います。また、よっぽど横柄な歩き方をしない限り、肩が触れ合うことも滅多にありませんよね。

私が対応したケースでも、道端で普通に歩いていて、すれ違い様に避けたのに「おい、待て」と難癖を付けられ、そこで何も言い返さなくても、相手から暴力を振るわれるということがありました。

 

車で信号待ちをしている時に、隣に止まっていた車のドライバーから罵倒された

何車線かあれば、信号で止まった時に隣に車が付くこともありますよね。横に止まっている車を意識することは普通はないと思いますが、今回のケースでは突然隣に止まっていた車のドライバーが窓を開けて、難癖を付けてきました。もちろん、難癖を付けられた側は普通に運転をしていただけで、罵倒されるようなことは一切していません。

その方はものすごく罵倒され、信号が青になって車を発進させても、後を追いかけられたようです。

 

コンビニの店員から販売を拒否された

販売を拒否されるというのはあり得ないことですよね。しかもその店員さんは、偉い人ではなく普通の学生バイトだったようなので、なおさら販売を拒否する理由なんてありません。

業務の妨害やいたずら目的であれば、店員さんも店を守らなくてはいけないということから、販売を拒否することもあるかもしれません。しかし、お客様として商品を買いに来た方が、販売を拒否されたということがありました。

 

絡まれすぎて友達に怖がられた

友達と一緒に歩いている際にこういった現象が起き、友達に怖がられるというケースがありました。

友達が直接難癖を付けられて被害に遭うわけでなくとも、絡まれるということ自体が滅多にないことなのに、その方と行動を共にしていると、結構な回数絡まれるというのは非常に怖いですよね。目の前で急に殴られたりしたら、怖いと思ってしまっても無理はありません。

この件については、相談の場に友人も同席しており、第三者の証言も確認しています。

関連記事:【霊障チェック】霊が憑くと性格が変わることがある?性格豹変は霊障かも!【解離性障害】

 

 

どうしてそうなるのか

憑いている霊が、周りの人に因縁を付けたくなるような気持ちにさせる

霊が、近くの人や周りの人を操作することで、因縁を付けたくなるような気持にさせます。

 

憑いている霊が変な人を呼び寄せる

道端の人ではく、自身が所属する友達グループなどのコミュニティが変な人で満ち溢れてしまいます。何日、何か月という計画でそういう状況になってしまいます。

 

本人が気付かないうちに人を馬鹿にしたような顔にさせる

憑いている霊が本人を操作させるケースであり、この場合は本人が無自覚です。普通の顔をしているように見えて、私が霊視をしてみると、鼻で笑うような表情になっていました。このように、無自覚で人の神経を逆なでするような表情、仕草をさせられてしまうことがあります。

本人に他人を馬鹿にしたり、傷つける願望や感情がなくとも、無自覚で相手にそういった印象を与えてしまっているため、イライラしている時は人に会わないでおこう、などという対策を取ることができません。気付かないうちに人を傷つけてしまっていて、そのことが理由で人間関係に歪みができてしまったら苦しいですよね。

関連記事:【憑依体質チェック】霊から憑かれやすい性格・行動とは?! 特別な方法を使わずに霊を寄せ付けなくする対策まで

 

何が憑く場合が多い?

霊障としては非常に強いもの

コミュニティを破壊する、他人から暴力を受けるなど実害が大きく、霊障としては非常に強いものであり、悪魔や動物霊が原因であることが多いです。

悪魔は狡猾で、やることがとても細かく、人を騙したり、操作することに長けています。悪いものを引き寄せたり、本人を変えたりすることが得意というところから、こういった霊障を起こさせて混乱の渦に巻き込みます。

関連記事:【憑依】人に憑く霊はどんな種類が→浮遊霊・地縛霊・因縁霊・ 自殺霊・ 生霊・ 動物霊・ 悪魔・ 妖怪

 

どうすればよいのか

あきらかに理不尽な境遇なため、運が悪いでは済まされない

道を歩いているだけで難癖を付けられたり、信号待ちをしている時に隣に止まった車のドライバーから罵倒されるなど、日常的にあり得ないことですよね。そういったあり得ないことが起こるのは、全て霊障が原因であるとは言い切れませんが、霊障の疑いが高まります。運が悪いでは済まされないような事柄に対しては、無理やり苦しい捻出を考えるよりも、まずは霊障であることを疑ってみましょう。

もしも霊的なものが原因だった場合、お祓いで改善していくことが一番手っ取り早いです。心や身体を痛めている状況でも、運が悪かったで済ませて生活していくには余りにも代償が大きいです。それを踏まえて、今回の記事を頭の片隅にでも止めておいておかれると良いのではないかと思います。

 

まとめ

悪魔や動物霊が憑くことによって、本人だけでなく周りの人まで操られることになり、その実害はとても大きいです。明らかに理不尽な境遇を受けた際には、これ以上被害を拡大させないためにも、お祓いをしてもらいましょう。

変な人に絡まれるということが、全て霊的なものが原因だと断定しているわけではありませんが、一つの判断材料として「霊障かもしれない」という選択肢を持っておくと良いのではないかと思っています。

蒼色庭園では、今の症状が霊障かどうかを判断し、霊障の場合は対処することができます。

霊体のメンテナンス

また蒼色庭園では、土地の霊視鑑定・お祓いも行ってます。

土地の鑑定

サロンに来れない御客様も、写真から遠隔で霊視鑑定・お祓いできます。

電話・メール鑑定

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です