【気功必須】ゴールデンウィーク明けで、身体のだるさ、首こり、肩こり、腰痛がありませんか?【エネルギー低下】

神崎施術ルームです。

 

ゴールデンウィーク明けに体調を崩すのはなぜ?

4月から新年度が始まり、初めの大型連休で張りつめていた糸が切れ、身体が重くなり、連休を過ごされた方。逆に、日頃のストレスを趣味や旅行で思いっきり解消された方などさまざまだと思います。

休みが長いと、久しぶりの仕事は、身体がなかなかリズムに乗れませんよね。

それは、日頃の生活パターンの変化もありますが、人は好きなこと、楽しい事をしている時は波動、エネルギーが高い状態にあるんですね! 

反対に人は嫌なこと、憂鬱なことをしている時は波動、エネルギーが下がってきます。仕事が好きでいつもワクワクして仕事をいている人は別ですが。

明日から仕事かと考え憂鬱になると、エネルギーが下がってきて、氣の循環も悪くなりそれを引き金に、頭痛、肩こり、腰痛を引き起こしてしまうことになります。

 

ゴールデンウイークの疲れ、頭痛、肩こり、首こり、腰痛にきていませんか?

楽しかったゴールデンウイークから一転して現実に引き戻される瞬間は誰しも嫌なことでしょうが、その疲れが頭痛や肩こり、腰痛として現れている人も多いのではないかと思います。

この疲れによる症状がどうして頭痛、肩こり、首こり、腰痛に来るのかご存じですか? ゴールデンウイークで旅行などをしたかたにとっては体を動かしているのにどうして凝るのだろうと疑問に思われませんか?

その秘密は波動が落ちることに関係があります。

 

 

波動が落ちると体に影響がくるんです

波動とは

そもそも波動とは何でしょうか。

波動とは波形に振動しているエネルギーのことです。

よい波動はなめらかな曲線を描いたバランスの取れた波形をしています。つまり、バランスがよいことを示し、力強さとはちょっと違います。

従ってよい波動とは心身ともにバランスが取れた状態のことで、スピリチュアル的に言えば宇宙との調和が取れていた状態のことで、日常的な感覚で言えば、安定した精神状態で体もリラックスした状態とも言えるでしょう。

 

エネルギーとは

 

エネルギーとは簡単に言うと元気の素です。活力がある状態です。エネルギーは体を循環していて、一部が滞っていたりエネルギーそのものが少なかったりしたら、全体的なエネルギーが落ちていき、元気ではない状態を引き起こします。

肉体的な病気の方や精神的に不安定な方はこのエネルギーが不足していたり循環していなかったりして引き起こしている場合が多いです。つまり、エネルギーの状態と健康状態は非常にリンクしているということなんです。

健康への影響

つまりバランスとしての波動が落ちていると、心身ともにバランスが取れなくなり、地に足がつかなくなります。またエネルギーが落ちてくると、病気や心の不安定を呼び込んでしまいます。

つまり波動やエネルギーが望ましい状態でなければ、健康に強い影響を与えてしまうわけです。波動、エネルギーなどと言うとスピリチュアル的で、荒唐無稽だと思われがちですが、密接な関係があり、この理屈をしることによって、改善するためのバリエーションが増えていきます。

 

気功ですべて解消できます

ゴールデンウイーク明けは波動が下がり、エネルギーも落ちる

ゴールデンウイークでは楽しいことをしますので、ストレスが発散され、波動が整いやすくなります。また、楽しいことをするために意欲も高まり、エネルギーも増すでしょう。

しかし、楽しいがあまり、疲れ知らずで行動してしまい、気づかない間に無理をしてしまってしまうことはよくあることでしょう。その無理がゴールデンウイークが明けた後に一気に押し寄せてしまいます。

ゴールデンウイークでストレス発散できた。楽しい思いができたというのは非常によいことですが、その後に無理がきてしまうことによって、波動が落ちエネルギーも下がってしまいます。

その歪みが肩こりや腰痛などに現れることになります。

 

気功の有効性

つまり、単なる体調が悪くなっただけだと思われがちな症状は、波動が落ちることや、エネルギーが低下することだとすれば、これら2つを改善するのが根本的な解決につながっていくことはお分かりになられたことでしょう。つまり単なるマッサージや病院に通うことは症状に対する対処にすぎず、根本解決ではないんですね。

波動が落ちることやエネルギーが低下することを改善していくには、気功が一番効果的です。

先ほど、波動が高まっている状態とは宇宙と調和が取れている状態だと説明しましたが、まさにここを目指していきます。宇宙からエネルギーを引き出し、それを体に当てることで波動の調和やエネルギーの適切な循環を実現することが可能です。

気功が健康によいとされているのも、上記の理屈と関係があると私は思っています。

生活に大きな変化がある。その変化が本人にとってよいことであっても悪いことであっても、体からすると同じ「変化」です。この変化に波動が乱れ、エネルギーも低下してしまいます。

何か特別なイベントがあったときこそ、いつも通りのあなたであるために、気功で整えることをお勧めいたします。

 

 

まとめ

ゴールデンウィークでの疲れ、頭痛、肩こり、腰痛は、波動が乱れていたり、エネルギーが低下しているサインです。そのサインを見逃さずに、しっかりと整えていくこと、それが毎日を元気に過ごしていく秘訣です。

 

           

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

神崎 朋
神崎 朋
以前は薬品関係の仕事をしていたが、薬で症状を押えてるだけで、完治しない事に違和感を覚え、自分が人を治したい!元気にしたい!と言う思いから長年勤めてきた会社を辞める。

整体、氣を学び、鹿児島、東京と著名な先生方からの教えを頂き、

蒼色庭園に入社し、霊視鑑定をされている仁科、麻倉の元で、覚醒する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です