【気功必須】眼精疲労からくる頭痛、首こり、肩こりはありませんか?【エネルギー低下】

眼精疲労からくる頭痛、首こり、肩こりはなぜ起こる?

近視や乱視、視力の問題。緑内障や白内障、目の病気の問題などがありますが、
近年では、長時間のパソコンやスマホの見過ぎによる眼精疲労が原因での頭痛、首こり、肩こりの人が増えてきています。

眼精疲労は、瞼が重い、かすみ、充血といった目の症状以外に、体の別の部位にも影響を及ぼします。

目の疲労から、肩周囲の筋肉が緊張すると血流が悪化し慢性的に頭痛、首こり、肩こりなどの症状が現れることもあり、休息や睡眠では回復しません。

またパソコンなどのブルーライト(青色光)が、視神経を過剰に刺激し、不眠や偏頭痛などの原因になるとも言われます。

こんな症状を引き起こしてませんか?

目の症状

瞼がが重い、目がかすむ、ドライアイ、眼が充血するなど。

身体症状

頭痛、首こり、肩こり、めまい、しびれ感など。 

精神症状

不眠、倦怠感、うつ症状など。

 

氣功ですべて解消できます!

すべての症状は、目の疲れが引き金となって心身に現れている可能性のある症状です。

目、身体の筋肉が長時間の緊張状態によって身体全体のエネルギー、血液が滞って下がっている状態を、氣功で氣を全身に流してあげることで、疲れいる筋肉が緩み本来のエネルギーが回復していき症状が治っていきます。

また、自律神経のバランスも整っていきますので、精神症状も回復します。

 

まとめ

日頃の生活の中で、眼精疲労からくる、頭痛、首こり、肩こり、などが ある方は是非、蒼色庭園の神崎までご連絡をお待ちしております。

 

           

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

神崎 朋
神崎 朋
以前は薬品関係の仕事をしていたが、薬で症状を押えてるだけで、完治しない事に違和感を覚え、自分が人を治したい!元気にしたい!と言う思いから長年勤めてきた会社を辞める。

整体、氣を学び、鹿児島、東京と著名な先生方からの教えを頂き、

蒼色庭園に入社し、霊視鑑定をされている仁科、麻倉の元で、覚醒する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です