【悪魔祓いの実態編】お祓い師とはどんな仕事?・悪魔祓いは命がけ!

こんにちは。

スピリチュアルセラピスト

パワーストーンセラピスト

風水セラピストの麻倉蒼衣です。

そして今日は、もう一つ、「お祓い師」としての麻倉蒼衣でのつぶやきでお付き合いくださいませ。

蒼色庭園は占いショップ!です・・・が、お祓いもすごいんです!!

タロット占いを中心に、過去世鑑定や、守護霊さまとの対話などのメニューも根強く人気です!

さて、そんな蒼色庭園ですが、私の師匠である仁科勘次は、

占いだけでなくお祓師としても大変な実力の持ち主です。

私は、占い師になるという事で、この師匠に弟子入りしたはずなのですが…

なぜか、なぜか、急にお祓い師の道に招き入れられたのでした…

この出来事は、またの機会にご紹介しますね。

とは言うものの実は私、幼い頃から自己流のお祓いを行っていて、

前職で職員旅行に出掛ける時は毎回、お祓い係を任されていました(笑)

という感じでこの世界に全く携わっていなかったわけではありません。

ただそれを隠してバレないように生きてきたのに…

あっけなく見破られてしまったのでした…。

そうか、やっぱり、占い師だけでは許されなかったか。。。てな感じ…。

まさかプロのお祓い師になるなんて覚悟も出来ていなかったのに突然の展開に戸惑いながらも、もうやるしかないので、必死で師匠に就いていく事5年。

最近は占いよりもお祓いのお仕事が増えてきているので、一日で何人ものお祓いを行っています。

お祓いをする中で、本当に何度となく、命の危険を感じる出来事に遭遇し、精神をやられてしまうのではと、恐怖に襲われることがあります。

なので、最近は、冷蔵庫の中にはあまり食べ物を残さないようにしています。

そう…食べられるうちに全部食べておかないとですね(*´艸`)

なんて冗談はさておき、お祓いというものを安易に考えてはいけないという事を身をもって体験しているのです。

怖くて、恐くて、仕方ない…というのが、本音です。

中でも「悪魔祓い」が、ダントツの恐ろしさです。

悪魔とは・・・人間が死んで変化するわけでは無く、もともと別の種族です。別の世界からやってくる別の種族の総称です。動物霊のマネをしている場合もありますが、動物霊よりも知性が高く集団で活動するケースが多いので厄介です。人間に対して悪さもしますが、恨みなどからでは無く、人間のエネルギーを吸い取るために行います。まれに憑かれるのではなく、知らないうちに悪魔と契約してしまっている人がいます。

お祓いをすることによって、悪魔が攻撃をしてくる!!

お祓いとは、「憑いている者を憑かれている人から離すこと」が大きな目的です。

なので、あの手この手でとにかく剥がし離すのです。

悪魔からしたら、こちらは敵の何者でもなく、容赦なく攻撃し、戦いが始まります。

その攻撃を受けると確実にダメージを受けて、こんな症状がでるのです。

目が見えなくなったり、

耳が聞こえなくなったり、

幻聴がしだしたり、

蕁麻疹がでたり、

頭痛や吐き気、めまいがでたり、

パニック症状を起こしたりもしました。

悪魔痛を体験した方はお分かりでしょうが、その症状は想像を超える辛さです。

時には、立ち上がる事も座っている事さえも出来なかった時がありました。

幸いにもこれまで、こんな苦しい症状に襲われながらも、短時間で何とか回復する事ができました。

あの辛さや、恐怖を知っているので、またいつこんな事になるのかが常に恐怖です。

そして、いつか、とうとう回復することが出来ず、症状が永遠に続くのではないかと不安で仕方ないのです。

これが、命がけという意味です。

さらに、目に見えない世界…

私のお祓いで本当に、苦しんでいる人を助ける事が出来るのかと常に、自分に問いながら、依頼を受けているのです。

成果を実感してくださるクライアントさま、回復をよろこんでくださるクライアントさまからの喜びの声だけが、励みです。

 

悪魔祓いの成功の後は素晴らしいギフトが待っている!

何事もその道を極めていく事で必ず得るものがあるように、

私もこのような悪魔祓いの攻撃で辛い症状を乗り越えた先には必ず、

神様から強い守りの鎧を頂き、更に強力な相手にも対応出来る様な力を頂く事が出来ています。

なので、常にパワーアップし、霊的な力、お祓いのパワーがどんどん強くなっている事を実感しております。

そうなんですよね。

どんどん進化し、成長し、強力になっていかないと次から次へと手ごわい相手が現れてくるのです。

私はもはや、私の力ではなく、このように神様が私をお使いになって人助けをしているのだと思わずには居られないのです。

先日の事です。

仁科が留守中でしたが、急ぎのクライアント様の依頼が入り、切迫した状態でしたので、急遽麻倉一人で、危険な悪魔祓いを行いました。

これほどの大きなお祓いの時は、できる限り仁科先生にも入ってもらいながら、二人で行う事が多いのですが…。

何とか、成功して無事に完了したのですが、その直後からひどい吐き気と頭痛、耳鳴りとめまいに襲われてしまいました。

仁科先生が戻ってこられて、事情を説明…

「一人で頑張ったね。」って褒められるどころか、

「どうして、結界をもっとしっかり張らなかったの?やばいよこれは!」と、お叱りを受けて、すぐさま、処置をしてくださり、生き返りました。

こんな感じで、修行の毎日です。

 

途中で投げ出すわけにも、逃げ出すわけにもいかないので、とにかく必死で頑張ります!

悪魔祓い…通常の動物霊や浮遊霊、地縛霊のお祓いとはまた違った格段にお部屋が違うお祓いです。

世の中に悪魔に憑かれて苦しんでいる人が居なくなると良いのに…

本当に、辛い症状と、厳しい状況にあるんですよね。

 

この悪魔痛の辛さを知っているからこそ、苦しんでいる人を助けたい…

そんな思いでお祓いのお仕事しています。

何もない事が一番ですが、、、

何かお役に立てることがありましたら、いつでも蒼色庭園にお声かけくださいね。

仁科勘次師匠が多忙すぎて手が離せない時も、麻倉蒼衣が対応させて頂きますのでお任せくださいませm(_ _)m

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

麻倉 蒼衣
麻倉 蒼衣
お客様の心の中に入り、そこから見たり聞いたりする情報を基に鑑定を展開させていくのが得意。
特に、恋愛占いでは、未来の恋人の顔や、将来の関係性、成功の道筋など映像で見えるため、かなり詳細な鑑定が可能。そのため、お客様からは、「そこまで見えるんですか?」と驚かれることが多い。

グレード3からカードと会話ができるようになり、その関連で守護霊を霊視した上で、会話することに成功。守護霊からのアドバイスを説明することができるようになる。また、更にお客様の情報をカードを使わずに取り出したり、高次な自分と会話することにより鑑定する方法(特別鑑定)ができるようになる。

お客様からは的確なアドバイスをするといことと、癒し系で親しみやすいとのことで高いリピーター率を誇る。新人にして人気のセラピストとして蒼色庭園を彩っている。

>>予約や詳細はこちら

【悪魔祓いの実態編】お祓い師とはどんな仕事?・悪魔祓いは命がけ!」への2件のフィードバック

  1. わかりやすい解説をありがとうございます。御自身のエピソード。御祓師の苦労とやりがい。どんな仕事にも大変な一面はあると思いますが、悪魔祓いのお仕事の大変さはまた違った次元ですね。命がけですし。目に見えない世界で体張って救済活動をされていることに心から敬意を評します。

    • アーノルドさま
      麻倉 蒼衣です。ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。
      また、コメントまで頂き、大変に嬉しいです。
      ありがとうございます。
      これからも精一杯、出来る事を出来る限りさせて頂きます。
      このように温かく見守ってくださったり、ご理解頂けたりする事が何よりの励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です